福岡「日本の巨大ロボット群像」展の口コミ、グッズ、巡回情報まとめ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年9月9日(土)〜11月12日(日)まで福岡市美術館で開催する「日本の巨大ロボット群像-巨大ロボットアニメ、そのデザインと映像表現-」の混雑が予想される日時は10時~15時、土日祝日やイベント開催日所要時間は1~2時間程度です。

このページでは他に「日本の巨大ロボット群像」展の口コミ、グッズ、巡回情報、チケットの割引情報、混雑予想、所要時間やグッズ情報、赤ちゃん連れの方に向けた設備情報などをまとめました。

「日本の巨大ロボット群像」展で福岡市美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

「日本の巨大ロボット群像」の口コミ

【令和五年長月ハカタ回想⑦】翌日は福岡市美術館にて「日本巨大ロボット」展初日を堪能。ロボットという観点から歴史を辿る気持ちにて、床面にてGUNDAM大きさを体感叶うたりモビルスーツ原点を感じたり、知的好奇心を刺激されました。音声ガイドかけあいも楽しく、理解が深まりました。

引用:Twitter

  • リアリティだけではなくロマンを持って語る素晴らしい展示
  • 原画が予想よりはるかに小さくて精密な描き込み、凄すぎ
  • テンション上がりまくりで走ろうとする息子を制御するのが大変だった
  • ロボットアニメに出てくるメカが時代や情勢によってどのように変化していったかがわかるマニアックな内容
  • 実寸大パネルや設定資料が素晴らしかった
  • 宮武さん書いたライディーン達は、圧巻。
  • 魂が震える良さでした! おかわりしたい!(笑)
  • 本気度が高過ぎて凄いww

2023年9月9日(土)から開催した本展ですが、9月12日の時点でX(旧Twitter)にはかなりの口コミ投稿がアップされていました。

大きな展示も多いようで原画のクオリティだけでなく、大型展示に対する口コミも多数見つかりました。

また、音声ガイドもけっこう満足度が伺える口コミがありました。

お子さんと一緒に楽しめたという投稿もあったので、ぜひお子さんと一緒に楽しんで欲しいと思います。

今回は福岡で開催ということもあり「横須賀に来たら絶対に行かないと!」といった口コミも多かったので、横須賀は少し混雑するかもしれませんね。

福岡市美術館で開催の「日本の巨大ロボット群像」展のグッズ・物販情報

「日本の巨大ロボット群像」展では図録(208ページ)の他、めんべい、Tシャツ、パーカー、トートバッグ、アクリルキーホルダー、カプセルトイ、エアロベースのマイクロウィングなどが販売されています。

得に、Tシャツはデザインやカラーが豊富でS~XLまで、これからの時期にも着られるパーカーはM~XLを揃えています。

ショップでの支払いは現金、クレジットカード(VISA・MASTER・JCB・AMEX・DINERS)が利用可能です。

また、ショップは1階、本店を開催する特別展示室は2階です。

1階・2階ともロッカーがあるので、目当てのグッズがある方は先にグッズを購入してゆっくり観覧するのも良いでしょう。

「日本の巨大ロボット群像」展の巡回情報

巡回期間 開催地 美術館名
2023年9月9日(土)~11月12日(日) 福岡 福岡市美術館
2024年2月10日(土)~4月7日(日) 神奈川 横須賀美術館
2024年夏 京都 未定

「日本の巨大ロボット群像」展の現在公開されている巡回情報は上記の通りです。

1か所で約2か月ほどの期間があり、福岡と神奈川では3か月ほど期間が空きます。

2024年の夏に京都に巡回予定ですが、恐らく福岡と神奈川の巡回予定から推測すると2024年7月頃開催になりそうですね。

「日本の巨大ロボット群像」展の前売り券と当日券のチケット・割引情報

  • 一般=1,600円
  • 大学・高校=800円
  • 小中学生=500円
  • 図録付チケット=3,900円

※価格は全て税込み
※大学生以下の方は入場時に、学生証や生徒手帳の提示が必要
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名、および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者、および未就学児は観覧無料

「日本の巨大ロボット群像」展には前売り券はありません。

図録付チケットはチケットぴあ(Pコード:686-520)で扱っていますが、現在販売中止になっていました。

チケットぴあの他、ARTNEチケットオンライン、ローソンチケット(Lコード:83534)でも取り扱っています。

今回音声ガイドもあるんですが、音声ガイド付きのチケットなどは扱いが無いようです。

また、当日券のチケット売り場では現金支払いの他、クレジットカード(Visa/Mastercard/銀聯/JCB/アメリカン・エキスプレス/Diners Club)、交通系IC(iD/WAON/QUICPay/LINE Pay/PayPay/楽天 ペイ、d払い/au Pay/メルペイ/ゆうちょ Pay/Alipay/WeChatPay)が利用可能です。

混雑した場合、チケット購入待ちの順番待ちになる可能性もあるので、できれば事前のチケット購入がおすすめです。

福岡市美術館の公式チケット販売ページ

「日本の巨大ロボット群像」展の割引・クーポン情報

  • 一般=1,600円→1,500円
  • 大学・高校=800円→700円
  • 小中学生=500円→400円

福岡県社会保険協会」の令和5年度協会費納付済みの事業所は100円引きの割引券を利用できます。

割引券のダウンロードは誰でもできますが、割引券が利用できるのは令和5年度会費納付済事業所のみです。

割引は福岡市美術館のチケット売り場で適用されるので、チケットをネット購入した場合は適用されないので注意してください。

「日本の巨大ロボット群像」展の音声ガイドは銀河万丈さん、水樹奈々さん!

本展の音声ガイドは税込み700円です。

音声ガイドは『機動戦士ガンダム』(ギレン・ザビ役)などを担当した銀河万丈さん、歌手や声優として活躍する水樹奈々さんが担当しています。

口コミでも「二人の掛け合いが良かった」と評判が良かったので、気になっている方はぜひ利用してみてはどうでしょうか。

福岡市美術館で開催する「日本の巨大ロボット群像」展での混雑予想は12時~15時!

混雑が予想される日時

  • 会期の初日や後半
  • 12時~15時
  • 土日祝日、連休
  • 関連イベント開催日

福岡の日本の巨大ロボット群像展で混雑が予想されるのは上記の日時です。

開場となる福岡市美術館は平日であればそれほど混雑することはありません。

駐車場が26台分しかないのですぐに満車になりますが、周辺にも有料の大型駐車場がいくつかあるので止められないということはありません。

土日や連休、平日でも12時~15時頃は人が多くなる傾向があるので混雑を避けたい方はこれらの日時をずらすと良いでしょう。

特に、9~10月の金曜・土曜は20時まで開館しているので、遅い時間帯は来館者の少ないおすすめの時間帯です。

記念講演会①「日本の巨大ロボット群像とは」

2023年9月9日(土) 13:30~15:00

記念講演会②「80年代のロボットアニメ」

2023年9月10日(日) 13:30~15:00

福岡市美術館で開催する「日本の巨大ロボット群像」展の所要時間・滞在時間はどれくらい?

  • 企画展:1時間~2時間
  • ミュージアムショップ:10~20分

混雑状況やどの程度興味をもって観覧するかによりますが、1時間~2時間程度見ておくと良いでしょう。

福岡市美術館の特別展示室はそれほど広くないので流して観るだけなら1時間もかからないかもしれません。

ミュージアムショップは他の美術館に比べると広めで品数も多いですが、企画展の限定グッズはそれほど多くないので10~20分程度見ておけば良いでしょう。

福岡市美術館「日本の巨大ロボット群像」展はいつからいつまで?会期や開催場所情報

会場 〒810-0051 福岡県福岡市中央区大濠公園1−6
福岡市美術館 特別展示室
TEL 0460-84-2111
開催期間 2023年9月9日(土)〜11月12日(日)
開館時間 9:30~17:30
9月~10月の金・土曜日は9:30~20:00
※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日
※9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館し、9月19日(火)、10月10日(火)は休館
駐車場 あり(200円/1時間、26台)
最寄り駅 空港線大濠公園駅3・6番出口から徒歩10分
コインロッカー あり(100円返却式)

「日本の巨大ロボット群像」展の会期は 2023年9月9日(土)〜11月12日(日)までで、神奈川と京都に巡回予定です。

9月~10月の金曜・土曜は20時まで開館してくれるので、混雑を避けてゆっくり観覧したい方には嬉しいですね。

巨大ロボットとは何か。「日本の巨大ロボット群像」展でそのデザインと映像表現の歴史をたどる(美術手帖) - Yahoo!ニュース
 福岡県の福岡市美術館で特別展「日本の巨大ロボット群像-巨大ロボットアニメ、そのデザインと映像表現-」がスタートした。監修は山口洋三(福岡アジア美術館)、ゲストキュレーターは廣田恵介、五十嵐浩司(

展示は全8章なんですが、大きく分けると「巨大ロボットのメカニズムに注目!」「気分はパイロット?ロボットの大きさを体感できる!」「内部メカにもえる!」「メカニックデザイナー・宮武一貴による圧巻の巨大絵画を展示!」となっています。

駐車場は1時間200円、全部で26台の収容が可能です。美術館の少し手前(〒810-0043 福岡県福岡市中央区城内11)にあります。すぐ満車になりますが、周辺にはDパーキング 護国神社大濠公園南(246台)や舞鶴公園第2駐車場(71台)もあります。

1階・2階にロッカーもあるのでB4サイズくらいの大きさならロッカーに預けて、必要最低限の荷物でゆっくりと観覧できます。

福岡市美術館で開催の「日本の巨大ロボット群像」展は撮影できる?

「日本の巨大ロボット群像」展では一部の作品を除いて撮影OKになっています。

どの美術館でもだいたい同じですが、フラッシュ撮影や三脚を使っての撮影など、他の観覧者の迷惑になる行為は禁止なので注意しましょう。

SNSでは既に作品の写真がアップされていますね。

福岡市美術館で開催の「日本の巨大ロボット群像」展は赤ちゃん連れもいける?

  • 授乳室あり
  • トイレ・授乳室・休憩室にオムツ替えシートあり
  • ベビーカー(A型・B型どちらもあり)の貸出あり

福岡市美術館は上記のような設備・サービスがあり赤ちゃん連れも楽しめます。

赤ちゃん連れで入館する際に、授乳やオムツ替えに関する説明があるあたりもウェルカムな雰囲気が伝わってきます。

授乳室は利用時に受付に言うと部屋に案内して貰えます。男性も一緒に入れます。(先に利用者がいる場合は不明)

オムツ替え台は男性トイレにもついています。

館内に併設のレストランもあり、座席数も館内レストレランにしては多いので、お昼時でも待ち無しで座れることが多いです。

テラス席もあるので、ぐずったりするのが心配な場合は晴れていれば外で食べても良さそうですね。

まとめ

  • 9月10月の金曜・土曜は20時まで開館
  • 平日の午前中か15時以降がおすすめ
  • 土日や連休、12~15時は混雑予想

このページでは他に「日本の巨大ロボット群像」展の口コミ、グッズ、巡回情報、チケットの割引情報、混雑予想、所要時間やグッズ情報、赤ちゃん連れの方に向けた設備情報などをまとめました。

福岡市美術館はそれほど混雑情報はありませんが、土日は混雑が予想されます。ゆっくり観覧したい方は混雑予想を参考にしてみてください。

「日本の巨大ロボット群像」展で福岡市美術館にお出かけを予定している方の参考になると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました