銀座カラーが破産!倒産の予兆はあった?他の脱毛サロンは大丈夫?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

政治・経済・生活
スポンサーリンク

銀座カラーが倒産し2023年12月16日から全店の営業を停止し、支払い済の会員は脱毛サービスを受けられなくなりました。

銀座カラーを利用していた方にとってはショックの大きなニュースですし、他の脱毛サロンやクリニックを利用している人にとっても他人事とは言い切れない内容です。

実際「私が契約している〇〇は大丈夫かな?」と不安な方も多いのではないでしょうか?

そこで、銀座カラーや過去に破産した脱毛サロンが、破産直前にどのような変化や予兆があったのか調べてみました。

スポンサーリンク

銀座カラーが破産!倒産の予兆はあった?利用者の声

  • 店舗を減らしていた(店舗統合)
  • 予約を採れない店舗が増えていた
  • 施術が雑になる
  • 施術時間が短くなった
  • 店舗統合や営業時間変更などの張り紙が増える
  • サービスが悪くなる

銀座カラーに限らず過去に倒産や閉店した脱毛サロン(脱毛ラボ、シースリー、エピレ)を契約していた方の口コミをもとに、倒産前にどのような変化があったのかTwitterを中心にまとめてみました。

「店舗減」「予約が取れなくなる」「施術が雑になる」などは、従業員の削減や会社に不満をもった社員が離れていくことで、店舗の運営が難しくなり起こるようです。

ただ、予約に関しては本当に人気で枠が空いていない場合もあるので、施術の際にどれくらいお客が入っているかもチェックした方が良いでしょう。

施術時間の短縮はもともとの施術時間が〇分だったのに△分に減った、「毛が薄いところは逆に濃くなる(硬毛化)ので~」など、それらしい理由をつけて短縮されるようです。

銀座カラーの倒産については従業員の方もネットで知ったという投稿を見かけました。

そのため、コールセンターなどに「〇〇が倒産したけど御社は大丈夫か?」などと聞いても、現場は知る余地もなく意味はないと思った方がよいでしょう。

施術後のお茶が無くなったり、化粧室の備品が減るなどサービスの低下もあるようです。

内容を見ていくと経営層が変わり経営方針の見直しでも起こりそうな内容ではありますが、上記のような内容が複数起こっている場合は継続や追加の契約は注意した方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

銀座カラーが破産!払った料金は返金されない?泣き寝入りなの?

分割中に破産したらカード会社か信販会社に連絡

残念ですが既に料金を一括払いした場合、料金が返金される可能性は低いです。(参考:破産手続き開始決定に関するQ&A Q2(2)-2

ですが、現在分割で支払い中の方や、これから決済が控えている方は支払いや引落を止められる可能性があります。

ただし、これについてはあなたの信販会社で協議が必要となり、信販会社によって対応が変わるのでダメ元でやるだけやってみましょう。(参考:破産手続き開始決定に関するQ&A Q2(2)-8

上記は国民生活センターで役に立ちそうなページとなります。

スポンサーリンク

銀座カラーが破産!利用者が脱毛サロンの倒産リスクを避けるためにできることは?

  • 都度払いにする
  • 分割支払いにする

利用者側で脱毛サロンの倒産リスクを避けるには、高くはなりますが一括よりも都度払いで料金を支払うことです。

脱毛サロンは〇回分をまとめて支払う方法と、1回毎に料金を支払う都度払いがあります。

サロン側は1回あたりの料金が安くなる(という理由でおすすめしやすい)一括支払いを進めてくるでしょうが、分割や都度払いを利用しましょう。

分割の場合は先に紹介したように信販会社に連絡することで倒産した場合に支払いを止められる可能性がありますが、絶対ではありません。

そのため、料金が高くはなりますが毎回料金を支払う都度払いにすることで「まだ回数が残っているのにサービスを受けられない」というリスクを避けることができます。

スポンサーリンク

銀座カラーが破産!クリニックの医療脱毛なら大丈夫?

  • サロンよりは破産の確立は低い
  • 脱毛以外の施術も行っているクリニックの方が安心

これに関しては「脱毛サロンよりも破綻する確率が低い」程度で考えていた方がよいでしょう。

特に、脱毛専用のクリニックの場合は他のクリニックとお客を奪い合うだけです。

他の美容施術を行っているならその部分で利益を出せますが、脱毛専門のクリニックだと値段を下げたりしてお客を呼び込むしかありません。(単価を下げると利益も減るので経営が厳しくなります。)

企業の閉店や破産ほど多くはないだけで、個人開業の病院だって潰れることはありますからね。

なので、回数や通院期間(施術間隔)、値段を考慮しながらできるだけ少ない回数で契約する方が、破産などによりサービスを受けられないといったリスクを減らせます。

まとめ

銀座カラーや過去に破産した脱毛サロンが、破産直前にどのような変化や予兆があったのか調べてみました。

ここで挙げた内容が破産や倒産に直接結びつくわけではありませんが、契約や店舗探しの時には予兆であげた内容をエゴサしながら探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました