外務大臣政務官「三宅伸吾」氏の経歴や学歴、妻や子ども家族構成は?

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

政治・経済・生活
スポンサーリンク

外務大臣政務官「三宅伸吾」氏の経歴や学歴、妻や子どもの有無、家族構成などを調べました。

プライベートな内容ではありますが、やはり政治家となると国民が抱える課題を解決していけるのか?ということで学歴や経歴が気になりますよね。

また、少子化対策や子育て世帯への支援なども、お子さんがいるかどうかで政策の対応や内容が変わりそうなので、現役の子育て世帯なのかも気になるところです。

スポンサーリンク

外務大臣政務官「三宅伸吾」氏の経歴やプロフィール

  • 生年月日:1961年11月24日
  • 出身地:香川県さぬき市末(旧大川郡志度町末)
  • 1986年:日本経済新聞社 入社
  • 2003年:日本経済新聞社編集委員(証券部兼政治部・法務報道部
  • 2012年:自由民主党香川県参議院選挙区第二支部長に就任
  • 2013年:第23回参議院議員通常選挙において香川県選挙区より自民党公認で初当選
  • 2019年:第25回参議院議員通常選挙において香川県選挙区より自民党公認で再選
  • 2020年:参議院 外交防衛委員会 与党筆頭 理事
  • 2021年:外務大臣政務官
  • Facebook:https://www.facebook.com/miyakeshingo
  • Twitter:@miyakeshingo
  • instagram:miyakeshingo
  • YouTube:@shingomiyake3880
  • 公式HP:https://www.miyakeshingo.net/index.php
  • オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/miyake-shingo/

外務大臣政務官「三宅伸吾」氏は香川県さぬき市生まれの62歳(2023年時点)です。

1986年に早稲田大学を卒業後は日本経済新聞社に入社し、日本企業の生産現場を取材していたそうです。

日本経済新聞社では途中で休職し89年から90年にコロンビア大学へ留学や、93年~95年に東京大学・大学院 法学政治学研究科に入学しています。

2012年に退職するまでに出版なども行いつつ、政治家としては同年に自由民主党香川県参議院選挙区第二支部長に就任、2013年に参議院議員通常選挙において香川県選挙区より初当選しています。

次の学歴でも紹介しますが、決して裕福とは言えない家庭環境の中、ご自身の努力でここまで積み上げてきた姿は単純にカッコイイですね。

外務大臣政務官「三宅伸吾」氏の学歴は?

  • 1981年:香川県立高松高等学校 卒業
  • 1986年:早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
  • 1989年:コロンビア大学留学
  • 1995年:東京大学大学院法学政治学研究科修了(修士)

農家の生まれで、夜なべ仕事をするご両親の元、自身も新聞配達をしながら大学受験に挑んだそうです。

当時とは異なるかもしれませんが、現在の高松高等学校の偏差値を調べたところ偏差値は71.0、香川県内でトップの学校でした。

県内トップの進学校に新聞配達をしながら通うって本当に凄いの一言ですね…。

その後進んだ早稲田大学政治経済学部は偏差値67.5~70.0でした。

大学卒業後は日本経済新聞社に入社しますが、休職し留学や修士論文を出版しています。

スポンサーリンク

外務大臣政務官「三宅伸吾」氏の妻は子供はいる?家族構成

  • 両親
  • 長男
  • 次男
  • 長女

2023年調査時点

上記は公式HPのプロフィールに記載がありました。

家族の欄に両親も記載があったので、ご存命で一緒に住んでいるという意味でしょうか?

三宅氏は2010年からTwitterを運用しているんですが、ご家族へのプライバシーにはかなり気を使っているのか、お子さんに関する投稿が見つからなかったので、奥さんやお子さんの詳しい年齢は分かりませんでした。

現役で子育てしている人が政治家になるのは難しいのかもしれませんが、国民としては子育て世帯の声が届いているのか?子育て世帯の立場になって考えてくれているのか?という意味でもお子さんの年齢は気になるところですね。

ただ、三宅氏の年齢が62歳なので、年齢を考えるとお子さんは皆さん成人されているかもしれませんね。

外務大臣政務官「三宅伸吾」氏の政策・公約は?

  • 高速道路、国道の4車線化の早期整備
  • 豪雨、高潮に備える防潮堤、河川の整備
  • 水不足解消を推進するダムの着工整備
  • 学路整備や高齢者の安全対策
  • 国営かんがい排水事業香川用水二期工事の推進とため息の防災と耐震化
  • 海上交通、鉄道など地域交通の充実
  • 中小企業施策の推進
  • ものづくり産業の振興
  • 道徳教育、家庭教育の推進
  • 近現代史教育の充実
  • 離島指定に向けた取り組み
  • がん対策
  • 医療体制の充実と強化
  • 県産品の海外販路構築などの戦略的販売強化
  • ICTを活用した地域振興モデルの構築
  • 里海の推進
  • 四国八十八箇所霊場と遍路道の世界遺産登録
  • 四国新幹線構想の推進

引用:https://www.miyakeshingo.net/policy/

上記は公式HPに記載のあった内容です。

それほど多くはありませんが「ダムの着工整備」や「防潮堤、河川の整備」など、かなり大きな金額となる政策が多いですね。

早々な解決は難しいかと思いますが、県民のためにも頑張って欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

  • 経歴:日本経済新聞社を退社後、2012年に自由民主党香川県参議院選挙区第二支部長に就任
  • 最終学歴:東京大学大学院法学政治学研究科修了(修士)
  • 家族構成:妻、長男、次男、長女

外務大臣政務官「三宅伸吾」氏の経歴や学歴、妻や子どもの有無、家族構成などを調べました。

裕福とは言えない家庭で、新聞配達をしながら早稲田大学に進むなど、勤勉でパワフルな方でした。

ぜひ国民や県民のために頑張って欲しいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました