宮崎県立美術館「山下清展」割引前売りチケットと混雑予想・所要時間も

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年10月7日(土)~11月26日 (日)まで宮崎県立美術館で開催する「生誕100年 山下清展 百年目の大回想」の混雑が予想される時間帯は12時~15時おすすめの時間帯は平日の午前中か15時以降です。

東京会場は非常に人気で連日入場待ちになっていたので、宮城展でもそれなりの混雑が予想されます。

このページでは他に「山下清展」のチケットや混雑予想、所要時間、口コミ、グッズ、巡回情報、赤ちゃん連れの方に向けた情報などをまとめました。

「山下清展」で宮崎県立美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

宮崎県立美術館で開催の「山下清展」の前売り券・チケット・割引情報

  • 一般:1,000円(800円)
  • 中高学生:500円(400円)

※ ()内は前売り価格で販売は2023年10月6日(金)まで
※ 未就学児・小学生無料(保護者同伴でご入場ください。)
※ 身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・ミライロID提示者は本人のみ無料

宮崎県立美術館で開催する「山下清展」には前売り券があり、当日券よりも一般が200円、中高生は100円お得になります。

前売り券は宮崎県立美術館、宮日会館1階受付、宮崎日日新聞県内各販売所、 コープみやざき県内各店、宮崎山形屋、宮交シティ、セブンチケット(セブンコード : 102-096)、ローソンロチケット(Lコード : 81849)、チケットぴあ(Pコード : 686-586)、イー・プラスで扱っています。

東京会場ほどの混雑は予想されませんが、事前にチケットを購入しておくことでチケット購入の順番待ちを回避できます。

割引について調べてみましたが、宮崎県立美術館には友の会制度などもないようです。

今後地元の新聞社や観光協会などが割引券などを発行する可能性はありますが、今のところ割引は前売り券のみとなります。

スポンサーリンク

「山下清展」の音声ガイド

音声ガイドは1台税込み600円で30分程度収録されています。

ガイドは声優の梅原裕一郎(うめはらゆういちろう)さんが担当しています。

所属する「株式会社アーツビジョンのHP」にてサンプルボイスがあったので、音声ガイドを借りるか迷っている方は聞いてから決めてみてはどうでしょうか。

東京会場では音声ガイドのレンタル待ちも発生していたようです。

音声ガイドはアプリ版にすると24時間聞くことができます。万が一待ち時間があった場合の予習や、帰ってからの復習にも使えるのでぜひスマホ版を利用しましょう。

当日はイヤホンを忘れないようご注意ください。

宮崎県立美術館で開催する「山下清展」の混雑予想は12時~15時!その他に避けるべき日は?

混雑予想は

  • 12~15時
  • 連休や土日祝日
  • 会期後半
  • テレビで取り上げられた後
  • 図書館や文化センターのイベント開催日
  • 関連イベント開催日

宮崎の山下清展では上記のタイミングで混雑が予想されます。

ゆっくりと観覧したい人はできるだけ上記のタイミングをずらすと良いでしょう。

特に「メディキット県民文化センターのイベント」と重なる日は駐車場の混雑が予想されます。

自家用車でアクセスする方は、可能ならできるだけ文化センターのイベント開催日は避けた方が良いでしょう。

主催にUMKテレビ宮崎も入っているので、テレビで取り上げられる可能性があります。テレビ露出後は混雑が予想されるので「UMKテレビ宮崎のTwitterアカウント」などもチェックしておくと良いでしょう。

関連イベント

講演会「家族が語る山下清」

講 師:山下浩氏(山下清作品管理事務所代表、山下清の甥)
日 時:10月7日(土) 午後1時30分~

ギャラリートーク

日 時:10月14日(土)、10月25日(水)、11月4日(土)、11月15日(水)
いずれも午後2時~(約30分)

スポンサーリンク

宮崎開催の山下清展で平日におすすめの時間帯やポイント

  • 10時~12時
  • 15時以降
  • チケットは事前購入
  • 音声ガイドはアプリを使用する

平日に山下清展に行くのであれば上記で挙げたポイントを抑えて行くと良いでしょう。

開館は10時とやや遅いので朝から入場待ちをする人がいるかもしれません。チケット購入で余計な順番待ちを避けるためにも、チケットは事前に購入しておきましょう。

午後は15時頃から人が減るケースが多いので、ゆっくりと観覧したい方は15時以降がおすすめです。

また、東京会場では音声ガイドを借りるのにも時間がかかったといった口コミがありました。

音声ガイドはスマホアプリにすれば24時間聞けるので、余計な待ち時間を減らすためにもアプリ版を利用しましょう。

宮崎開催の山下清展で土日におすすめの時間帯やポイント

  • 土曜
  • 15時以降
  • チケットは事前購入
  • 音声ガイドはアプリを使用する

Googleマップの混雑データによれば、土日を比べると土曜日の方が空いている傾向が高かったので、週末に行くのであれば土曜日がおすすめです。

土日も最も混雑が予想されるのは12時~15時ですが、平日に比べると早い時間から来場者が増えます。

事前にチケットを購入して9:30頃から並べばゆっくりと観覧できる可能性が高いですが、じっくりと観覧する方は後半に多少混雑を感じるかもしれません。

土日は平日に比べると人が多いので、チケットの事前購入し、音声ガイドはアプリ版を利用しましょう。

スポンサーリンク

「山下清展」の所要時間はどれくらい?

所要時間は早い人でも1時間、じっくりと観覧する人なら2~3時間は確保しておくと良いでしょう。

中には3時間あってもたりないといった口コミもありました。

生誕100年 山下清展ー百年目の大回想は約190点が展示されていて、展示数だけ見てもかなりボリュームがあります。

加えて精度の高い貼り絵や、作品に添えられた言葉など一つ一つの作品をじっくりと見る方が多く、人によって所要時間にバラつきがあるようです。

また、東京会場の口コミでは本当はもっとじっくり観たかったけど人が多すぎてゆっくり観られなかったといった内容も多く見かけました。

宮崎県立美術館のミュージアムショップはそれほど広くないので、グッズも見たい方は上記にプラス30分は見ておくと良いでしょう。

宮崎県立美術館では美術館が収蔵しているコレクション展も無料で観覧できます。コレクション展も観覧するならさらに1時間程度余裕をもっておくと良いでしょう。

「山下清展」の口コミ・評価

その他よく見かけた内容

  • 「長岡の花火」が素晴らしかった
  • ペン画や油彩、陶器の絵付けなど様々な作品が展示されていて見ごたえがあった
  • 入場数調節してるのか展示室に入ったらそんなにぎゅうぎゅうでもなく落ち着いて見られた
  • 混み過ぎていて入れなかった/あきらめた
  • 作品に添えてある言葉も良かった

来場者が多く展示会のタイトルもシンプルなのでかなりの口コミが見つかります。

直近の東京会場での口コミはやはり混雑に関する内容が多いんですが、混んでいたけど実物を見られて良かったといった内容を多く見かけました。

作品だけでなく日記なども公開されているので、作品だけでなく日記や作者の残した言葉に関する口コミも多く投稿されていました。

観れた方の多くは満足しているようでしたが、やはりもっとゆっくり観たかったなどの口コミも多く見られました。

東京会場では美術館の外まで列が並んでしまい、それを見て入館を諦めた人も多かったので、お近くの方は宮崎県立美術館まで足を運んでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

「山下清展」のグッズ

山下清展では図録の他、クリアファイル、マスクケース、一筆箋セット、ノート、しおり、手ぬぐい、Tシャツ、ハンカチ、トートバッグ、缶マグネット、ポチ袋、ポストカード、マスキングテープなどがあります。

ミュージアムショップは観覧券無しで自由に出入りが可能です。

目当てのグッズがある方は先にグッズを購入し、ロッカーに預けてからゆっくりと観覧しても良いでしょう。

宮崎県立美術館の「山下清展」の開催場所・会期情報まとめ

会場 〒880-0031 宮崎市船塚3丁目210
TEL 0985-20-3792
開催期間 2023年10月7日(土)~11月26日 (日)
開館時間 10:00~18:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
駐車場 あり(532台)
最寄り駅からのアクセス JR宮崎神宮駅からタクシーで約5分、徒歩で約20分
ロッカー あり

宮崎県立美術館で開催する山下清展は2023年10月7日(土)~11月26日 (日)までです。

構成は第1章「山下清の誕生―昆虫そして絵との出合い」第2章「学園生活と放浪への旅立ち」第3章「画家・山下清のはじまり―多彩な芸術への試み」第4章「ヨーロッパにて―清がみた風景」第5章「円熟期の創作活動」の5部制です。

山下清展を開催する宮崎県立美術館には北と南の2か所駐車場があり計532台収容可能です。ただ「メディキット県民文化センター」や「宮崎県立図書館」と共用なので、これらの周辺施設でイベントがあると駐車場も混雑します。

駐車場混雑時は「宮崎県総合文化公園 臨時駐車場(〒880-0033 宮崎県宮崎市神宮西1丁目)」も利用可能です。

最寄り駅はJR宮崎神宮駅で、交通機関を使ったアクセスは良好とは言えないので、自家用車でのアクセスがおすすめです。

ロッカーがあるので荷物を預けてゆっくりと観覧できます。

スポンサーリンク

「生誕100年 山下清展」の巡回予定

会期 開催地 開催場所
2022年6月25日(土)〜8月28日(日) 兵庫県 神戸ファッション美術館
2023年2月25日(土)〜4月2日(日) 長野県 上田市立美術館(サントミューゼ)
2023年4月8日(土)〜6月11日(日) 滋賀県 佐川美術館
2023年10月7日(土)~11月26日 (日) 東京都 SOMPO美術館
2023年10月7日(土)〜11月26日(日) 宮崎県 宮崎県立美術館
2023年12月2日(土)〜2024年1月21日(日) 愛媛県 新居浜市美術館
2024年3月16日(土)〜5月12日(日) 佐賀県 佐賀県立美術館

山下清展の巡回予定は上記の通りです。

どの会場もだいたい2か月ほどで、西日本を中心に巡回を予定しています。

東京展は大変人気で混雑していましたが、関東圏での巡回が少ないのも原因かもしれませんね。

実際、東京より前の滋賀、長野、兵庫では混雑情報が見つかりませんでした。

宮崎を入れて残すところあと3か所となりました。

東京展の混雑がひどくてあきらめた方や、先の開催地で見逃した方はぜひお出かけを予定してみてはいかがでしょうか。

宮崎県立美術館で開催の「山下清展」は赤ちゃん連れもいける?

  • 授乳室あり(ポットもあり)
  • 1階多目的トイレにおむつ替え台あり
  • 館内でのベビーカー利用可

宮崎県立美術館では展示フロアでのベビーカー使用が可能です。ただし、混雑時は制限がかかる場合があるようなので念のため抱っこ紐も持って行った方が良いでしょう。

館内用のベビーカーの貸出もあるようですが、コロナの影響によって貸出が不可になっている場合も考えられます。

授乳室にポットを用意してくれている美術館は多くないので助かりますね。

館内には喫茶室「ぴあアート」があり、観覧前後のランチなども済ませられます。

座席は28席と多くはないので周辺の飲食店まで移動するか、天気の良い日は予め用意して文化公園内で食べても良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

  • おすすめは平日の午前中か15時以降
  • 週末なら土曜日がおすすめ
  • 12時~15時、土日祝日・連休は混雑予想
  • 会期後半や周辺施設のイベント開催日、テレビ露出後も混雑予想

ここでは宮崎県立美術館で開催する「生誕100年 山下清展 百年目の大回想」のチケットや混雑予想、所要時間、口コミ、グッズ、巡回情報、赤ちゃん連れの方に向けた情報などをまとました。

東京会場では連日入場待ちになった企画展ですが、先に開催した3か所では混雑情報が見つかりませんでした。

人混みを避けてゆっくりと観覧したい方は、ぜひ上記のポイントに注意してお出かけしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました