生卵ライスの記事を書いたのは日本人?誰に向けた記事か意図を考察

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

エンタメ・芸能人
スポンサーリンク

ガジェット通信が出した【生卵をライスにかけると激ウマ! 騙されたと思ってやってみて「生卵ライスは常識をくつがえすおいしさ」】という記事が話題になり、Twitter上ではこの記事を書いた人な何人で誰に向けた記事なのか?とにぎわっています。

そこで、記事の最後に記載のある記者「クドウ@地球食べ歩き」さんについて調べてみました。

Twitterアカウントを見ると「秋田生まれ」と記載があるので日本人ではないかと考えられます。

また、アカウントプロフィールから検索したところ、記事を書いたのは恐らく工藤浩和(くどう かずひろ)さんだと思われます。

そして、「卵かけご飯」ではなく「生卵ライス」という表現にしたのは、SNSでのバズを狙いアクセスを稼ぐためではないかと予想しました。

スポンサーリンク

生卵ライスの記事を書いたのは日本人?誰に向けた記事で意図を考察

「生卵ライス」の記事を書いた「クドウ@地球食べ歩き」さんですが、Twitterのプロフィールを見るとガジェット通信とロケットニュース24など、ウェブメディアの編集長兼創設者なんだそうです。

この情報を基に検索したところ工藤浩和(くどう かずひろ)さんという人が見つかりました。

引用:https://jp.quora.com/profile/Kudo-Hirokazu

工藤浩和さんなんですが、過去に運営していたメディアなども含めて、とても頭の切れる方です。

バズを狙って起こす技術に優れた方なので、今回の「生卵ライス」はSNS上でバズらせてアクセスを呼び込むのが目的だったのではないかと考えられます。

その証拠に過去にガジェット通信で過去に執筆した「ひろゆき式「卵かけご飯のレシピ」が激ウマすぎてワロタ! もっとおかわりクレメンス」では「卵かけご飯」と表記しています。

卵を生で食べられるのは日本の厳しい品質管理体制のおかげなので、SNS上では海外に向けた記事だと危険では?といった声も見られました。

スポンサーリンク

まとめ

ガジェット通信が出した「生卵ライス」という記事がバズり、Twitter上ではこの記事を書いた人な何人で誰に向けた記事なのか?と話題になりました。

記事を書いた「クドウ@地球食べ歩き」さんはガジェット通信とロケットニュース24など、ウェブメディアの編集長兼創設者である「工藤浩和」さんでした。

「生卵ライス」と表記したのは恐らくバズ狙いで、そこからアクセスアップを狙ったのだと考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました