SOMPO美術館で開催するゴッホと静物画の混雑予想と所要時間まとめ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年10月17日(火)~2024年1月21日(日)までSOMPO美術館の開催中の「ゴッホと静物画―伝統から革新へ」の混雑が予想される時間帯は10時~16時おすすめの時間帯は平日の16時以降がおすすめです。

約20点のゴッホ作品と約50点の他作家による約70作品なので、グッズの観覧も加えて所要時間は2時間~2時間半見ておけば十分かと思われます。

このページでは他に「ゴッホと静物画―伝統から革新へ」展の混雑予想やチケット、口コミ、グッズ情報などをまとめています。

「ゴッホと静物画」展でSOMPO美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

SOMPO美術館で開催するゴッホと静物画の混雑予想は10時~16時おすすめの時間帯は?

混雑予想

  • 10時~16時
  • 土日祝日、連休
  • 初日や会期後半

SOMPO美術館のゴッホと静物画で混雑が予想される時間帯は上記の日時です。ここは開館時間が遅く駅からのアクセスも良いので、開館前に行列になることが珍しくありません。

そのため、開館時間の10時に合わせて行くと入場待ちになる可能性があります。過去の展覧会の口コミを調べるとやはり開館時間に行って入場待ちになった人の口コミがいくつか見つかりました。

ただ、本展では日時予約制となる(当日券もある)ことが発表されました。既に前売り券を購入している方も「公式チケットページ」から日時予約が可能(チケットをお持ちで日時予約のみは無料)です。

そのため、山下清展の時のような連日100分待ちのような状態にはならないと予想していますが、11月17日(金)と12月8日(金)は20時まで開館しているので、こういった日の遅い時間がおすすめです。

日時予約をしていない場合は当日券と同じ扱いになるようで、入場枠がいっぱいになった場合は入場待ちになる場合があるようです。

そのため、近くのカフェなどで待機しながらリアルタイムの混雑状況を確認しつつ、スマホで日時予約すると良いでしょう

入口の混雑状況については公式Twitterアカウントの固定ツイートにある「混雑状況のお知らせ」から確認が可能です。

上記は8月19日(土)10:04の状況で、開館直後(というか開館前)から行列になっていることが分かります。(ただし、待ち時間が表示されるのは10:00からです。)

30分以内は1階ロビーでの待ちですが、30分以上は屋外での待ちとなります。

まとまった時間の確保が難しくて、混雑状況に合わせて日時予約をするのが難しい人は、夜間開館の日や朝一、午後の遅い時間に予約すると良いでしょう。

スポンサーリンク

SOMPO美術館で開催するゴッホと静物画の所要時間/滞在時間は?

  • ゴッホの油彩画:25点
  • 他作家による作品:約50点
  • ミュージアムショップ

作品は約70点、まだ公開されていませんが展覧会の公式HPにはグッズ・図録のページもあるので、グッズの販売も予想されます。

そのため、グッズも含めると順調に回れたとして2時間~2時間半くらい見ておけば十分かと思います。

そのため、開館直後の行列に巻き込まれてしまうと入館にも時間がかかるうえに、観覧にも時間がかかってしまう可能性があります。

朝一から観覧するなら開館前から並び、開館と同時に入館する。または16時以降の空きだす時間帯に出かけるのがおすすめです。

SOMPO美術館のアクセスと「山下清展」の情報

出典:Googleマップ

会場 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1
TEL 050-5541-8600
開催期間 2023年10月17日(火)~2024年1月21日(日)
開館時間 10:00~18:00
ただし11月17日(金)と12月8日(金)は20時まで
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
駐車場 なし

山下清展を開催中のSOMPO美術館には提携の駐車場が無いので、近隣の有料駐車場を使うか公共交通機関を利用してのアクセスになります。

ここからは公共交通機関を使ったアクセスをご紹介します。

スポンサーリンク

新宿駅西口からSOMPO美術館へのアクセス(地上ルート)

出典:Googleマップ

新宿駅から美術館へは地上ルートと地下ルートがあります。

西口に出たら右手に見える新宿エルタワー沿いを通り美術館に行くルートが地上ルートになります。

地上ルートの方が少しだけ距離が短いので、晴れている日は地上ルートがおすすめです。

徒歩で約6分(約500m)の距離になります。

新宿駅西口からSOMPO美術館へのアクセス(地下ルート)

出典:Googleマップ

地下ルートは旧新宿駅西口交番を右手に進み「東京都庁・中央公園方面」に進みます。

道なりに進み右側に「モード学園 コクーンタワー」の看板が見えたら階段を降りてそのまま進みます。

エレベーターで1Fに上がると左手に「損保ジャパン」の看板が目に入るので横断歩道を渡ります。

奥の大きなビルが損保ジャパンの本社ビルで、手前がSOMPO美術館です。

地下ルートで来れるのはエレベーターまでで、完全に濡れることなくアクセスできるルートはありません。

スポンサーリンク

SOMPO美術館のゴッホと静物画の前売り券・チケット・クーポン・割引情報

  • 対象:当日(事前購入券)
  • 一般:2,000円(1,800円)
  • 大学生:1,300円(1,100円)
  • 2枚セット券:3,400円(アソビュー!、イープラス、ローソンチケット限定)

*高校生以下は無料(学生は当日、学生証・生徒手帳の提示が必要)
*身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をご提示の本人とその介助者1名は無料。被爆者健康手帳をご提示の方は本人のみ無料
*本展は、各種割引制度の適用外
*一度購入されたチケットの券種変更・キャンセル・払い戻し・再発行は不可。再入場不可。
*会期中1枚につき1人1回に限り有効
*展示室内が混雑し、一定の人数を超えた場合は入場制限を行う可能性あり

前売り券は2024年1月21日12時まで販売まで販売しています。

購入先はアソビュー!、イープラス、ローソンチケット<Lコード:34530>、チケットぴあ<Pコード:686-584>、CNプレイガイド、セブンチケット、楽天チケットです。

最もお得な2枚セット券は2023年8月16日(水)午前10時~10月16日(月)23時59分まで販売しています。会期中に2回行く人や、二人で行く人はこちらがおすすめです。

音声ガイドは声優:福山潤さんで、音声ガイド付きのチケットはまだ販売していないようですが、当日券だと税込み600円/台です。

公式チケット購入先一覧

ゴッホのひまわりの口コミ・評価

 ゴッホの『ひまわり』は全部で7枚あって、そのうち1枚は東京にあるって知ってた? 複製じゃなくて本物。しかも写真撮影OKって本当に太っ腹。 「日本のゴッホ」とも呼ばれた山下清の絵を観た後で『ひまわり』も観られてすごくうれしかった。

引用:Twitter

SOMPO美術館のひまわりは2021年8月から写真撮影が解禁され、SNSへの発信もOKになりました。

その影響もあってか、SNSでSOMPO美術館を検索するとけっこうひまわりの写真がアップされているんですね。

こういってはなんですが、写真を画面越しに見ていても目を奪われる作品って凄いですよね。

フラッシュ撮影や動画はNGなど、細かいルールはあるので実際に撮影する際は注意書きをよく確認してくださいね。

また、「ひまわり」の当時の落札価格などについての口コミなどもあり、希少な作品であることが分かるとより自分の目で見てみたいという欲求に駆られますよね。

しかも、それを自分のスマホやデジカメに残せるというのは本当に嬉しいですね。

山下清展はSOMPO美術館だったので、ゴッホのひまわりも鑑賞。 これが売却されてしまわないか心配してる…

引用:Twitter

SOMPO美術館の目玉でもあるので、そう簡単に売却されてしまうことはないと思いますが、可能性としてはゼロではありませんよね。

万が一そうなったらどうか国内の資産家の方に落札して欲しいものですが、そうなると気軽に見れなくなってしまうのではないかと不安も出てきます。

とは言え、今回はひまわり以外のゴッホ作品なども見られるので期待も高まりますね。

スポンサーリンク

ゴッホと静物画のグッズ

「ゴッホと静物画―伝統から革新へ」の公式HPではまだ公開されていませんが、HP上に「グッズ・図録」のページがあるので今回の展覧会でもグッズの販売があるはずです。

SOMPO美術館のミュージアムショップは観覧券無しでも入れます。

過去に行った展覧会の図録やSOMPO美術館が所蔵する「ひまわり」の複製画などは通信販売も行っています。

そのため、当日は図録や複製画以外のグッズをチェックすると良いでしょう。

よくあるところだとてぬぐいやポスター、葉書、マグネット、トートバックあたりですが、どんなグッズが用意されるのか楽しみですね。

SOMPO美術館のゴッホと静物画では撮影できる?

展示室での三脚等の使用、フラッシュ撮影、人物を入れての撮影、ビデオ撮影はご遠慮ください。

引用:SOMPO美術館/入館に際してのお願い

SOMPO美術館が所蔵するひまわりは今回の展覧会でも撮影可能かと思われます。

ただ、他の作品についてはNGな作品もあるはずです。

恐らく展示エリアでは各作品ごとに注意書きが用意されるはずなので、詳しくは当日確認してください。

スポンサーリンク

SOMPO美術館のゴッホと静物画は赤ちゃん連れもいける?

  • 館内はベビーカーの利用可能
  • 2Fに授乳室(オムツ替え可能)あり

SOMPO美術館では展示フロアでのベビーカー使用が可能ですが、雑時は制限がかかる場合があるようです。また、エレベーターは1台しかなく混みあいます。階段は狭いので念のため抱っこ紐も持って行った方が良いでしょう。

貸し出しのベビーカーはありません。

美術館なのでウェルカムな雰囲気はありませんが、乳幼児の入館制限はないので良い子にしてくれる間なら観覧できそうです。

ただ、作品数が多いようなので全ての作品をゆっくり観るのは難しいかもしれません。

乳幼児の入館制限はございませんが、~展示室内において他のお客様の鑑賞の妨げとなるような場合等には、一時ご退室をお願いする場合がございます。

展示フロアが混雑している場合には、安全のためにベビーカーの利用をご遠慮いただく場合がございます。

引用:SOMPO美術館/ご利用案内・アクセス/バリアフリー/小さなお子様

まとめ

  • おすすめは平日16時以降
  • 11月17日(金)と12月8日(金)は20時まで開館でねらい目
  • 10時~16時、土日祝日・連休は混雑予想

ここではSOMPO美術館で開催中の「ゴッホと静物画―伝統から革新へ」の混雑予想と所要時間、チケット、口コミ、グッズ情報などをまとました。

SOMPO美術館は開館直後から混むことが少なくない美術館です。

ゆっくり観覧したい/待ち時間を避けたい方は9:30頃から並ぶか、16時以降のお出かけがおすすめです。

お出かけを予定している方の参考になれば幸いです。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました