東京国立博物館「横尾忠則」展の混雑予想や所要時間、口コミ、グッズ情報も

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年9月12日(火)~12月3日(日)まで東京国立博物館の表慶館で開催中の「横尾忠則 寒山百得」展の混雑が予想される時間帯は土日の11時~15時おすすめの時間帯は平日の9時30分~11時か15時以降です。

「横尾忠則 寒山百得」展のチケットで関連企画の「東京国立博物館の寒山拾得図―伝説の風狂僧への憧れ―」をはじめ総合文化展も観覧可能です。

本展と関連企画で約110作品なので、グッズの観覧も加えて所要時間は2時間~3時間見ておけば良いかと思われます。

このページでは他に「横尾忠則 寒山百得(よこおただのり かんざんひゃくとく)」展の混雑予想やチケット、口コミ、グッズ情報などをまとめています。

「横尾忠則 寒山百得」展で東京国立博物館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

東京国立博物館で開催する「横尾忠則 寒山百得」展の混雑予想は11時~15時おすすめの時間帯は?

混雑予想

  • 11時~15時
  • 土日祝日、連休
  • 会期後半
  • 朝イチのチケット売り場

東京国立博物館の「横尾忠則 寒山百得」展で混雑が予想される時間帯は上記の日時です。

ゆっくりと観覧できそうなおすすめの時間帯は平日の9時30分~11時か15時以降です。

ただし、開館直後はチケット売り場の混雑が予想されるので、9時半から行く場合はウェブで前売り券を購入した方が良いでしょう。

ただ、X(旧Twitter)を使って「横尾忠則」や「寒山百得」+「待ち」「混雑」「列」などの組み合わせで検索してみたんですが、開催10日ほど経ちましたが混雑情報は見つかりませんでした。

そのため、他の展覧会に比べると比較的ゆっくりと観られる可能性が高いですが、お昼頃から15時頃は人でが多くなります。

ゆっくり観覧したい方は上記の日時をずらしてでかけると良いでしょう。

スポンサーリンク

東京国立博物館で開催する「横尾忠則 寒山百得」展の所要時間は?

  • 「横尾忠則 寒山百得」展:102作品
  • 東京国立博物館の寒山拾得図―伝説の風狂僧への憧れ―:10作品程度
  • ミュージアムショップ

102作品は未発表作とのことでかなり見ごたえがありそうです。

「横尾忠則 寒山百得」展のチケットで関連企画の「東京国立博物館の寒山拾得図―伝説の風狂僧への憧れ―」も観覧可能です。

こちらは2023年10月10日に展示替えがあるようで、前後で約10作品が本館特別1室に展示されます。

そのため、グッズも含めて2時間~2時間半くらい、混雑時は3時間くらい見ておけば良いのではないでしょうか。

トーハクは9:30開館なので、9:30入りして11時までだと少し短いかもしれません。11時~12時は混み始めますがピークほどではないので、午前中から見るなら11:30頃まで作品を観覧し、残りの30分でグッズを見るのも良いでしょう。

横尾忠則さんの寒山百得展の口コミ・評判

今日は国立博物館の横尾忠則寒山百得展へ。色々なパターンで描かれた寒山拾得。なかにはクスクスと笑いたくなるものあり幸せな気持ちになるものあり楽しかった。前売り買っていたのに使い忘れきっともう一度見に行く。

引用:Twitter

  • 東博の表慶館の造りとカラフルで熱狂的な作品の数々の展示がカッコイイ
  • 拾得が縦横無尽に古今東西飛び回っていて単純に楽しい
  • 絵のタイトルが全部描いた日付で、尋常じゃないペースで描いてて震えながら見た
  • 今回の展示はぞわっ…ぎゅーん、うわぁの連続
  • 見ててなんだかよくわからないけど面白い、クスッと笑える、欲しくなる
  • 初日は混んでるかと思ったけど空いててよく観れた

横尾さんの寒山拾得作品は言葉での表現が難しかったりするかと思うんですが、観た人を魅了する作品であることは間違いないようです。

作品への感想をなんとかツイートしようと言葉にして表現している方が多く「あー、言いたいこと分かります!」と思わず言いたくなる口コミが多く見られました。

意外とまだ混雑情報はありませんでした。

私もレビューサイトなどで拝見しているんですが「あぁ、間近で観てみたい…」と思う作品がいくつもありました。

スポンサーリンク

東京国立博物館の「横尾忠則 寒山百得」展はいつからいつまで?会期や開催場所情報

出典:Googleマップ

会場 〒110-8712 東京都台東区上野公園13−9 表慶館
TEL 050-5541-8600
開催期間 2023年9月12日(火)~12月3日(日)
開館時間 9:30~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日、9月19日(火)、10月10日(火)
※ただし9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館
駐車場 なし

東京国立博物館は9:30~17:00までと少し短めです。混雑予想が11時~15時なので、じっくり観覧する場合は多少混雑が予想される時間帯とかぶります。

トーハクには駐車場がないので、周辺の有料駐車場を利用するしかありません。

最寄のJR上野駅からは徒歩で約10分なので、公共交通機関を使ったアクセスがおすすめです。

表慶館にはロッカーがないので、荷物を預けたい場合は本館や東洋館のロッカーを使うと良いでしょう。

ロッカーに入りきらない荷物は本館玄関の係員に言えば預かってくれます。

東京国立博物館の「横尾忠則 寒山百得」展の前売り券・チケット・クーポン・割引情報

  • 一般:1,600円(1,400円)
  • 大学生:1,400円(1,200円)
  • 高校生:1,000円(800円)
  • 図録付チケット:3,400円(前売り、一般のみ、イープラス限定)

※中学生以下、障がい者とその介護者1名は無料。入館の際に学生証、障がい者手帳等の提示が必要
※本展は事前予約不要。混雑時は入場待ちの可能性あり
※本展チケットで、関連企画 特集「東京国立博物館の寒山拾得図―伝説の風狂僧への憧れ―」をはじめ総合文化展を観覧可能
※東京国立博物館キャンパスメンバーズ会員の学生は、当日券を1,200円(200円割引)で購入可能。正門チケット売場(窓口)にて、キャンパスメンバーズ会員の学生であることを申し出、学生証の提示が必要

前売り券は2023年8月8日(火)~9月11日(月)まで販売しています。

図録付チケットはイープラスでのみ購入可能です。図録は税込み2,200円なので当日券で図録を購入するのに比べて400円お得になります。

今のところ音声ガイドに関する情報は見つかりませんでした。横尾忠則現代美術館だと入口でギャラリートークが流れていたりするので、本店でもぜひ欲しいところですが現時点で公式HPにないとなると今回は用意していないかもしれませんね。

前売り券は公式オンラインチケット、美術展ナビチケットアプリ、イープラス、セブンチケット<セブンコード:102-692>、ローソンチケット<Lコード:31598>の他、東京国立博物館正門チケット売場でも購入可能です。

クーポンについては調べたみましたが見つからず、「友の会(税込み7,000円/年)」か「国立博物館メンバーズパス(一般税込み2,500円/年、学生税込み1,200円/年)」の入会がお得です。

どちらも特別展の割引を何度でも受けられて団体料金で入館できるようになります。(団体割引設定がある場合のみ)

また、友の会については東京国立博物館で開催する特別展の無料観覧券を3枚貰えます。今回の展示会なら1,600円×3なので2,200円で入会できることになります。

詳しくは「会員制度」をご覧ください。

公式チケット購入先一覧

「横尾忠則 寒山百得」展のグッズ

今のところ公式イベントサイトでもグッズの紹介は始まっていませんが、横尾忠則さんの公式オンラインショップでは過去の展覧会で販売したグッズなどを今でも購入できます。

「寒山百得」展のグッズも公開されて図録の他、Tシャツ、靴下、マフラー、マグカップ、ボクサーパンツ、キーホルダー、ピンズ、マグネット、缶バッジ、ブランケットなどが公式サイトのグッズページで紹介されています。

珍しいものだとトイレットペーパーもありましたが、観賞用ですかね。

ショップでの支払いには現金の他、クレジットカード(Visa、MasterCard、JCB、AMEX、Diners、DISCOVER)、電子マネー(iD、Suica及び相互利用対象の交通系ICカード、WAON)などが使えます。

スポンサーリンク

東京国立博物館の「横尾忠則 寒山百得」展では撮影できる?

フラッシュ撮影は禁止ですが、「横尾忠則 寒山百得」展では全ての作品が撮影可能です。

これはかなり嬉しいですね!ただ撮影可能な展覧会は「撮影者が気になってゆっくり観覧できない」といった口コミも出てくるので、撮影に夢中にならないよう気を付けてくださいね。

東京国立博物館の「横尾忠則 寒山百得」展は赤ちゃん連れもいける?

  • 本館1階2階男女トイレにベビーベッド(おむつ交換台)
  • 本館1階2階男女トイレベビーチェア
  • 正門プラザに授乳室
  • ベビーカーの利用可

東京国立博物館は上記のようなサービス・設備があり、赤ちゃん連れもウェルカムな施設です。

授乳室は正門プラザに常設していますが、本館、東洋館、平成館の救護室も空いていれば使えます。

本来は託児サービスやベビーカーの貸し出しもあるんですが現在はコロナの影響で休止しているようです。

「横尾忠則 寒山百得」展を開催する表慶館にはベビーベッドやベビーチェアも付いていませんが、本館や正門は歩いて2分くらいなので問題ないでしょう。

ベビーカーは通常は館内も使えますが混雑時は断られる場合があるので、念のため抱っこ紐も持っていくと良いでしょう。

スポンサーリンク

「横尾忠則 寒山百得」展と会期や会場が近い展覧会情報

2023年9月16日(土)~11月12日(日)まで本館特別5室にて「京都・南山城の仏像」展も開催しているのでこちらも合わせてご覧ください。

404 NOT FOUND | アレとコレブログ
お出かけで気になるアレコレ

また、2023年10月11日(水)~12月3日(日)まで平成館にて「やまと絵 -受け継がれる王朝の美-」も開催予定です。

東博「やまと絵」展の混雑予想と穴場の時間、所要時間、音声ガイド情報も
「やまと絵 -受け継がれる王朝の美-」の混雑予想、所要時間、チケット情報、音声ガイド、グッズ情報、赤ちゃん連れの方に向けた設備情報などをまとめました。お出かけを予定している方の参考になると幸いです。

2023年9月16日(土)〜12月10日(日) まで東京都美術館で「永遠の都ローマ展」を開催中です。

東京都美術館「永遠の都ローマ展」の混雑予想やチケット割引情報も
ここでは東京都美術館で行われる「永遠の都ローマ」展の前売り券や割引情報、混雑予想や所要時間、口コミ、グッズ情報、赤ちゃん連れの方にむけた設備情報をまとめました。お出かけを予定している方の参考になると幸いです。

まとめ

  • おすすめは平日9時30分~11時または15時以降
  • 11時~15時、土日祝日・連休は混雑予想

ここでは東京国立博物館で開催中の「横尾忠則 寒山百得」展の混雑予想とチケット、口コミ、グッズ情報などをまとました。

横尾さんの寒山拾得はファンの多いテーマなので、本店も混雑が予想されます。

ゆっくり観覧したい方は平日9時30分~11時または15時以降にお出かけを予定してみてはいかがでしょうか。

お出かけを予定している方の参考になれば幸いです。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました