遠野市立博物館「遠野物語と呪術」展の図録通販は終了!所要時間やアクセスまとめ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年7月21日(金)~2023年9月24日(日)まで遠野市立博物館で開催中の「遠野物語と呪術」展の図録が人気で増刷されましたが、通販は2023年8月29日消印までで受付終了となりました。

9月25日(月)から通信販売スタートのお知らせが出ました!注文数によっては数日で終了の予定もあるようなので狙っていた方は早めに注文しましょう!)

所要時間は速足で1時間程度、ゆっくり観覧するなら2時間以上楽しめる展示量になっています。

このページでは他に「遠野物語と呪術」展の所要時間やアクセス、チケット、口コミ、グッズ情報などをまとめています。

「遠野物語と呪術」展で遠野市立博物館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

遠野市立博物館の特別展「遠野物語と呪術」展の図録通販は8月29日消印で受付終了!

通販での図録販売は2023年8月29日の消印以降は受付が終了となりました。

一旦は受付終了となっていた「遠野物語と呪術」展の図録ですが、最新のツイートで9月25日から通販の受付を開始したと投稿がありました。

今回は締め切りについての記載はありませんが、注文が殺到した場合は数日で終了の予定もあるとのことなので、前回間に合わなかった方は急ぎましょう。

通販の方法は遠野市HPに記載がありますが、現金書留のみでややハードルが高くなっています。

ページを修正したタイミングですでに約500のいいねと200のリツイートがありました。

通販用の残りが少なくなった段階でHPとSNSで通知もしてくれるようなので、公式アカウントをフォローしておくと良いでしょう。

遠野市HP

遠野市立博物館の企画展「遠野物語と呪術」展の所要時間・滞在時間はどれくらい?

常設展を見るかどうかでも倍くらい時間が変わりますが、企画展(展示数は175点)を急ぎ足で見ても1時間程度、解説を読んだり写真を撮りながらゆっくり観覧するなら2時間以上楽しめる内容になっています。

常設展では音声ガイドタブレットが無料で借りられる他、100本以上の昔話や伝統技術の映像資料などもあるので、常設展も見るなら4時間くらいゆっくりと楽しむことができます。

次に行くのがいつになるのか分からない方は、ぜひ時間に余裕をもってでかけることをおすすめします。

遠野市立博物館の「遠野物語と呪術」展情報

出典:Googleマップ

会場 〒028-0515 岩手県遠野市東舘町3−9
TEL 0198-62-2340
開催期間 2023年7月21日(金)~2023年9月24日(日)
開館時間 9:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 5月~10月(月末日)、11月~3月(月曜日、月末日) ※日・祝日の場合開館
資料特別整理日11月24日~30日、1月28日~31日
駐車場 あり(無料、57台)

「遠野物語と呪術」では遠野と岩手県内の呪(まじな)いに関する資料を展示していて、館内は基本的に撮影可能

ネット上で聞いたことがあるような怖い話の元ネタとなるような呪いの歴史に触れることができます。

遠野市博物館は図書館と同じ建物内に入っていて、博物館の入り口は少し上ったところになりますが図書館の入り口からも入ることができます。

館内にはコイン返却式のロッカーがあるので荷物を預けて観覧できます。

遠野市立博物館で開催の「遠野物語と呪術」展の前売り券・チケット・割引情報

  • 一般:310円(260円)
  • 高校生以下:160円(110円)
  • 未就学児:無料
  • 音声ガイド:無料

※()内は団体料金、20名以上から適用
※障害者手帳提示と付き添い1名 無料
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、および介護を行う方は、手帳の提示で入館料免除
※未就学児童は無料
※遠野市内の小学生・中学生・高校生と同数の保護者は無料
※遠野文化友の会会員は無料(会員証の提示が必要です)

ただでさえ入館料が安い遠野市立博物館ですが、「で・くらす遠野、福利厚生倶楽部、ベネフィット・ワン、日専連パートナーズ(会員を含む2名まで)、JAF、えらべる倶楽部、I be One」の内いずれかの会員証を提示すると50円引きになります。

ウェブチケットなどはなく博物館のチケット売り場でのみ販売しています。

また、6つの施設を一般1,350円で利用できる観光共通券(有効期限は発券から3か月)もあるので、時間のある方/他にも観光する予定のかる方は共通券の購入がおすすめです。

通常料金の場合 市内共通券使用の場合
施設名 大人 高校生以下 大人 高校生以下
遠野市立博物館 ¥310 ¥160 6施設で
¥1,350
6施設で
¥820
とおの物語の館 ¥510 ¥210
伝承園 ¥330 ¥220
遠野ふるさと村 ¥550 ¥330
遠野郷土人形民芸村 ¥260 ¥210
福泉寺 ¥300 ¥250

観光共通券は遠野市立博物館の他「とおの物語の館・伝承園・遠野ふるさと村・福泉寺・道の駅遠野風の丘・あえりあ遠野・遠野郷土人形民芸村・旅の蔵遠野(観光案内所)」で購入できます。

出典:遠野市HP

しかも音声ガイドタブレットの貸出が無料です。

もう少し入館料を高くしても良いような気がしますよね。

「遠野物語と呪術」展を開催中の遠野市立博物館へのアクセスは?

ここからは電車とバスを使ったアクセスについてご紹介します。

JR釜石線「遠野駅」から徒歩約10分

出典:Googleマップ

JR釜石線「遠野駅」で降りたら駅を背にして駅前通りを道なりに直進します。

大手箸を渡る頃には左奥に博物館が見えてきます。

東京駅からだと電車で約4時間半、仙台駅からは約3時間です。

上り、下りともに遠野駅発の電車は1時間に1本以下になります。詳しくは「遠野駅の時刻表」をご覧ください。

盛岡市役所から車で約1時間30分

出典:Googleマップ

盛岡市内からは国道396号・283号線で約1時間30分の距離です。

時間帯にもよりますが距離が伸びるので有料道路を使ってもそれほど時間的には変わりません。

下道で約65㎞、有料だと約80㎞、片道1,190円(ETC割で830円)になります。

仙台市役所から車で約2時間30分

出典:Googleマップ

仙台市内からは車で約2時間半の距離になります。

料金は片道3,210円(ETC割で2,250円) 、172㎞になります。

「遠野物語と呪術」展を開催中の遠野市立博物館の駐車場情報

出典:Googleマップ

博物館にも駐車場はありますが10台分(無料)のスペースしかないので、とおの物語の館駐車場(40台)または、市民センター(プール側も含めて約160台)にもとめることになります。

駐車時間 普通自動車
(軽自動車を含む)
普通車以外
30分まで 無料 無料
30分を超え1時間まで 170円 330円
1時間を超え30分までごとに 40円 40円

周辺施設の規模的にも十分なスペースがある他、駐車料金はかなり安いのでゆっくりと観覧できます。

とおの物語の館駐車場に止めた方は、併設の「ばんがり伊藤家店」で食事をすると1時間分の無料を貰えます。

「遠野物語と呪術」展の口コミ・評価・感想

口コミには呪(まじな)いに使われた呪物の写真もあるため、引用形式でご紹介します。

館内は基本的に撮影OKですがこんな注意書きもありましたので…。

こんなことを書かれるとちょっと撮影も気が引けてしまいますが、Twitterで「遠野物語と呪術」と検索すると、かなり色んな方が展示品の写真をアップされています。

ただ、見た目はちょっと不気味に見えても実は良い意味での呪(まじな)いの品だったりする展示品も多いようです。

本日のメインイベント 遠野物語呪術展 in 遠野市博物館 遠野を中心しつつ全国のまじない紹介 凄かった、凄かった きてよかった…!

引用:Twitter

岩手県ということもあり、なかなか気軽に行ける距離ではないものの、満足感が高い点次回になっているようです。

けっこう他の口コミにもありましたが、それほど大きくはないんですが、展示品が多く展示の仕方などを工夫していて最後まで飽きられずに見れるといった口コミを多く見かけました。

幼少期に「抜けた歯を投げる」のをやったことのある人は少なくないと思いますが、その由来なども解説されているようですね。

普段の生活に取り入れている何気ない行動にも呪(まじな)いや俗信の意味があるようで、展示に興味がわきますね。

「遠野物語と呪術」展のグッズ

出典:遠野市HP

グッズは「遠野物語と呪術」展の限定グッズがあるわけではないので、それほど時間はいらないでしょう。

ミュージアムショップにおいて図録の他缶バッジやマグネット、便箋、封筒、ノート、土偶などがあり、特に缶バッジやマグネットのデザインに人気があります。

缶バッジとマグネットは通販でも購入が可能ですが、グッズ代金は現金書留か郵便為替、返送用の切手も用意が必要でけっこうハードルが高めです。

詳しくは「遠野市立博物館からのお知らせ」をご覧ください。

遠野市立博物館で開催の「遠野物語と呪術」展は赤ちゃん連れもいける?

  • 多目的トイレにオムツ交換台とゴミ箱あり
  • 隣の市民センターに授乳室・調乳器あり
  • エレベーターあり

遠野市立博物館では上記のような設備・サービスがあるので赤ちゃん連れも楽しめそうです。

博物館には授乳室がありませんが、お隣の市民センターに授乳室及び調乳器もあります。

館内にはエレベーターがあるので、図書館側の入り口から入ると良いでしょう。

ちなみに、博物館から駅に向かっていくといくつか飲食店もあるので、ランチやディナーも済ませられます。

まとめ

  • 図録は8月29日消印で受付終了、以降は現地で無くなり次第終了
  • 所要時間は企画展だけでも1~2時間、常設展も見るなら3~4時間
  • 会期は2023年9月24日(日)まで
  • 駐車場の心配はいらない
  • グッズは缶バッジとマグネットが人気
  • 赤ちゃん連れも楽しめる

ここでは遠野市立博物館で開催中の「遠野物語と呪術」展の図録情報、所要時間、駐車場、チケット、口コミ、グッズ情報などをまとました。

なかなか足を運ぶのが大変な場所で開催していることもあり、図録を通販で取り寄せる方が多いようで図録の受付は8月29日で終了になってしまいました。

ぜひ博物館に直接足を運んでみてはいかがでしょうか。

お出かけを予定している方の参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました