横須賀美術館「ロイヤル コペンハーゲン」展のチケット割引や混雑予想

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年9月16日 (土) 〜 2023年11月5日 (日)まで横須賀美術館で開催する「ロイヤル コペンハーゲンと北欧デザインの煌めき アール・ヌーヴォーからモダンへ」展の混雑が予想される日時は12時~15時、会期後半や土日祝日おすすめの時間帯は午前中か15時以降です。

駐車場のスペースが少ないので、土日は満車になることが多い美術館です。

このページでは他に「ロイヤル コペンハーゲン」展のチケットや割引情報、所要時間、グッズ情報、赤ちゃん連れの方に向けた設備情報などをまとめました。

「ロイヤル コペンハーゲン」展で横須賀美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

「ロイヤル コペンハーゲン」展の前売り券と当日券のチケット・割引情報

  • 一般=1,300円(1,040円)
  • 高校・大学65市以上=1,100円(880円)
  • 中学生以下無料

※価格は税込み表示
※()内は20名以上の団体料金
*所蔵品展、谷内六郎館も観覧可能
*高校生(市内在住または在学に限る)は無料
*身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と 付添1名様は無料

「ロイヤル コペンハーゲン」展には前売り券などはなく、チケットは美術館のチケット売り場でのみ取り扱いとなります。

とは言え、今回は約200点が展示されるのに対して料金は控えめだと思います。

団体料金だと20%引きになりますが、団体割の他にも会員特典などで割引価格で観覧する方法があるので次項で詳しくご紹介します。

「ロイヤル コペンハーゲン」展を割引価格で観る方法

  • 年間パスポートの購入で入場無料
  • 観音崎自然博物館の入館チケット(一般:500円)提示で2割引き
  • JAF会員証の提示で企画展が20%引き(所蔵品展は一般80円引き、その他60円引き)
  • グリーンカードの提示で企画展が20%引き
  • ベネフィットステーション会員証の提示で企画展が20%引き
  • デイリーPlusの会員証提示で企画展が20%引き

「ロイヤル コペンハーゲン」展を割引価格で観るには6つの方法があります。

販売期間 一般 高校生・大学生¥65歳以上
4月1日(土)~6月18日(日) 4,200円 3,600円
6月19日(月)~9月3日(日) 3,400円 2,900円
9月5日(火)~11月5日(火) 2,500円 2,100円
11月7日(火)~12月24日(日) 1,700円 1,400円

一つ目は年間パスポートの購入です。2023年度のパスポートは有効期限が2024年4月7日(日)までなので、購入する日によって値段が変わります。

年パスは企画展・所蔵品展・谷内六郎館を無料で観覧でき、同伴者が何人でも2割引きになります。

もう一つは観音崎自然博物館の入館チケットの提示で2割引きを受けられます。

博物館では観音崎にある海藻季節の花々・草本・木本・磯の生物・昆虫・両生類・爬虫類などを展示しているので、もしそれらに興味がある方は行ってみても良いでしょう。

逆に「ロイヤル コペンハーゲン」展のチケット、または所蔵品展(一般380円)のチケット提示で博物館の入館料から50円割引になります。

JAF会員証の提示で会員含む5名までが20%引きになります。

横須賀美術館で開催する「ロイヤル コペンハーゲン」展での混雑予想は12時~15時!

混雑が予想される日時

  • 開催直後や会期の後半/最終日付近
  • テレビで取り上げられた後
  • 12時~15時
  • 土日祝日、連休

横須賀美術館のロイヤル コペンハーゲン展で混雑が予想されるのは上記の日時です。

混雑予測にはTwitterで「横須賀美術館」+「列」や「待ち」「混雑」などのワードを組み合わせて検索しました。

また、横須賀美術館の駐車場は120台しかスペースがなく頻繁に駐車場待ちが発生します。「美術館の公式Twitterアカウント」では駐車場の満車情報を投稿しているのでフォローしておくと良いでしょう。

近くに観音崎公園の駐車場(第一・第二・第四)もありますが美術館からは5分ほど歩くので、12時以降は空を探してさまようよりも美術館の駐車場が空くのをまった方がおすすめです。

多少歩いても構わない方は「観音崎公園の公式Twitterアカウント」をフォローしておくと良いでしょう。こちらも駐車場が満車時に満車情報を投稿してくれます。

美術館周辺にも人気の飲食店はあるんですが、併設のアクアマーレは眺めも良く食事も人気なので土日はかなり混雑情報が多いです。

そのため、ランチも済ませるなら平日、土日は待ち時間を覚悟した方が良いでしょう。

NHKの人気美術番組「日曜美術館」でも取り上げられたりしますが、ロケーションの良さから朝のニュースなどでも使われることがあるので、そういった後は通常より混雑が予想されます。

関連イベント

講演会「ロイヤル コペンハーゲン ビング オー グレンダール」

9月24日(日)
13時45分開場、14時~15時30分

ワークショップ「ポーセラーツで描く!夢のうつわ」

2023年9月30日(土)
①10時~12時半②14時~16時半(2回とも同内容)

ギャラリートーク「ロイヤル コペンハーゲンと北欧デザインの煌めき」

10月7日(土)、10月21日(土)14時~ 30~40分程度

「ロイヤル コペンハーゲン」展で行列や入場待ちが発生しにくい平日のおすすめ日時

  • 会期中盤(10月前半)
  • 車なら開館に合わせて行く
  • 午前中
  • 午後は15時以降

平日にロイヤル コペンハーゲン展に行くならおすすめの日時は上記の通りです。

人混みを避けてゆっくりと観覧したいなら会期中盤がおすすめです。

12時前後から満車情報が多いので、午前中か15時以降もおすすめです。

「ロイヤル コペンハーゲン」展で行列や入場待ちが発生しにくい土日のおすすめ日時

  • 車なら開館に合わせて行く
  • 会期中盤(10月前半)
  • 午前中
  • 午後は15時以降
  • 土日なら土曜がおすすめ

週末にロイヤル コペンハーゲン展に行くならおすすめの日時は上記の通りです。

車で行くなら開館までには駐車しておきたいところですが、朝イチはチケット購入列ができる可能性があります。

少し早めに行って並ぶか、既に列が出来ているなら周辺を散策して時間をずらしてから入館すると良いでしょう。

Googleマップの混雑情報によれば、日曜よりは土曜の方がデータ上は空いていました。

会期後半の週末は混雑情報が多いので避けましょう。先の混雑予想を見ても分かるように、18時閉館なのに17時頃まで満車状態が続くこともあります。

横須賀美術館で開催する「ロイヤル コペンハーゲン」展の所要時間はどれくらい?

「ロイヤル コペンハーゲン」展は約200点を展示しています。

混雑状況やどの程度興味をもって観覧するかによりますが、1時間~2時間程度見ておくと良いでしょう。

また、グッズもみるなら上記にプラスして2~30分余裕をもっておくと良いでしょう。

さらに、「ロイヤル コペンハーゲン」展のチケットで同時開催している所蔵品展と谷内六郎館も観覧できるので、こちらも観覧するなら1時間~1時間半程度余裕を見ておくと良いでしょう。

ちなみに、所蔵品展と谷内六郎館は第二期が2023年10月1日(日)までで、第3期は10月7日(土)からになります。

横須賀美術館は屋上広場も有名で、雑誌やCM、ミュージックビデオなどの撮影でも使われる場所なので、晴れていればここでも2~30分時間をみておきたいところです。

横須賀美術館「ロイヤル コペンハーゲン」展はいつからいつまで?会期や開催場所情報

会場 〒239-0813 神奈川県横須賀市鴨居4丁目1
横須賀美術館 企画展示室
TEL 046-845-1211
開催期間 2023年9月16日(土)〜12月10日(日)
開館時間 10:00~18:00
休館日 10月2日(月)
駐車場 あり(120台)
普通自動車:320円(1時間まで) 以降160円/30分(上限1,600円/1日)
※展覧会ご観覧の方は最初の1時間無料
最寄り駅 京浜急行線「馬堀海岸駅」からタクシーで約7分
コインロッカー あり(100円返却式)

「ロイヤル コペンハーゲン」展の会期は 2023年9月16日 (土) 〜 2023年11月5日 (日)までです。

約2か月の開催で休館日は10月2日のみです。展示替えの予定はないので一度で全ての作品を観覧できます。

横須賀美術館には有料駐車場があり、展覧会を観た方は最初の1時間が無料になります。

公共交通機関を使ったアクセスは悪いので、車か最寄り駅からタクシーがおすすめです。

公共交通機関と自家用車はどちらも良し悪しがあり、車の場合は日時によって駐車場が混雑する可能性があります。

また、美術館にはロッカーがあるので必要最低限の荷物で観覧を楽しめます。ロッカーに入りきらない大型荷物は受付で預かってくれます。

横須賀美術館で開催の「ロイヤル コペンハーゲン」展のグッズ・物販情報

横須賀美術館で開催する「ロイヤル コペンハーゲン」展の限定グッズは今のところまだ公開されていませんが、直近の企画展グッズから予想すると図録の他、トートバッグ、ポストカード、クリアファイル、などを予想しています。

マグカップもあるある系のグッズなんですが、ロイヤルコペンハーゲン展なので出すならTカップかな?とも思ったんですが、代理店とかではないと販売は無理なのでは?とも思い、恐らく陶器のグッズは無いと予想しています。

ショップでの支払いは現金、各種クレジットカード(Visa、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club)が利用可能です。

館内にはロッカーもあるので、もし目当てのグッズがあるなら先にグッズを購入してロッカーに預けてからゆっくりと観覧しても良いでしょう。

横須賀美術館で開催の「ロイヤル コペンハーゲン」展は撮影できる?

出典:横須賀美術館

横須賀美術館では基本的に展示室内での撮影はNGです。

しかし、直近で開催している展覧会でも撮影可/一部撮影可としていたので、今回のロイヤル コペンハーゲン展でも部分的に撮影可能になると予想しています。

直近で撮影可能な作品があった特別展

  • 荒井良二が選ぶ 谷内六郎〈週刊新潮 表紙絵〉展【2023年7月8日 (土) 〜 2023年10月1日 (日)】

  • 没後40年 朝井閑右衛門展【2023年4月22日(土)~6月18日(日)】
  • キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界【2023年2月11日 (土) 〜 2023年4月9日 (日)】

ただ、フラッシュやストロボの使用、通路の中央やブリッジ、他の観覧者やスタッフが入らないようになど、けっこう細かいルールがあります。

恐らく当日は、撮影可否が各展示室や展示品ごとに表示されるはずなので、現地で確認してみてください。

横須賀美術館で開催の「ロイヤル コペンハーゲン」展は赤ちゃん連れもいける?

  • 授乳室あり(オムツ用ゴミ箱あり、お湯は無し)
  • 1階授乳室と多目的トイレ内におむつ替え台あり
  • 貸し出し用ベビーカーと抱っこ紐あり
  • 無料の託児サービスあり

横須賀美術館には上記のような設備・サービスがあり、赤ちゃん連れもウェルカムな雰囲気を感じます。

授乳室の利用時は受付に声をかけると鍵を開けてくれます。オムツ替え台と蛇口がありますがお湯は出ないので用意して行った方が良いでしょう。

貸出のベビーカーの他に抱っこ紐も貸出があります。ベビーカーや抱っこ紐を持たずに行けるのは気楽で良いですね。

一番驚いたのは無料の託児サービスです。定員(5名)や1~2か月前からの予約、最大90分など細かいルールはありますが、託児サービスが無料は嬉しすぎますよね。

館内には併設のレストランもあり、料理も人気ですが土日はけっこう待ち情報があったので、土日の場合は時間をずらすか別のお店を探した方が良いかもしれません。

横須賀美術館の託児サービスページ

まとめ

  • 午前中か15時以降がおすすめ
  • 土日に車で行くなら10時までには駐車場につきたい
  • 土日なら土曜がおすすめ
  • 会期後半やテレビ放送後、12~15時は混雑予想

ここでは横須賀美術館で行われる「ロイヤル コペンハーゲンと北欧デザインの煌めき アール・ヌーヴォーからモダンへ」展のチケット割引情報、混雑予想や所要時間、グッズ情報、赤ちゃん連れの方にむけた設備情報をまとめました。

駐車スペースが少ないので、土日に車で行く際は10時到着か15時以降がおすすめです。

「ロイヤル コペンハーゲン」展で横須賀美術館にお出かけを予定している方の参考になると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました