国立新美術館「イヴ・サンローラン展」の混雑予想と回避法、アクセスも

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年9月20日(水)から国立新美術館で開催するイヴ・サンローラン展の混雑が予想される時間帯は12時~16時、土日や会期後半おすすめの時間帯は10時~12時、16時~20時の平日がおすすめです。

このページでは他に「イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル」を開催する国立新美術館の混雑予想と混雑回避のポイント、アクセス、開催概要、チケット情報、音声ガイド、撮影可否、赤ちゃん連れの方に向けた施設情報をまとめました。

「イヴ・サンローラン展」で国立新美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

国立新美術館の「イヴ・サンローラン展」で12時~16時の混雑が予想される理由

混雑予想

  • 12時~16時
  • 土日・祝日、連休
  • 初日や会期後半
  • 当日券のチケット売り場

出典:Facebook/国立新美術館

混雑予想はFacebookの混雑情報を基に行いました。

国立新美術館は通常10時~18時の開館なんですが、金曜日と土曜日は20時まで開館しています。

ですが、Facebookだと土曜の18時~20時のデータが見れませんでした。

過去に行われた展覧会の混雑状況なども含まれてしまっていますが、根拠のない予想よりはずっと信頼できるデータです。

曜日によって差はありますが、12時頃から混みだしてピークは15時~16時頃になることが多いですね。

「チケット売り場が長蛇の列」という口コミもあったので、混雑回避のためにもチケットはオンライン購入がおすすめです。

オンラインチケットでも紙のチケットが貰えますし、紙チケットがないと特設ショップを利用できないので捨てないよう気を付けてください。

9月25日の時点でX(旧Twitter)を使って「イヴ・サンローラン」+「混雑」や「列」「待つ」などの組み合わせで検索したところ、既に混雑情報が見つかりました。

「入場よりもレジ待ちが凄かったけど19時頃には解消していた」という口コミもあったので、グッズが目当ての方は金曜や土曜の夜が良いかもしれません。

スポンサーリンク

国立新美術館の「イヴ・サンローラン展」で平日に混雑を避けるおすすめの時間帯とポイント

  • 10月後半~11月前半
  • 開場前から並んで午前中
  • 16時以降
  • チケットは予めオンライン購入
  • イチオシは金曜17時以降(金曜のみ20時まで開館)
  • 音声ガイドはアプリ版を使用

混雑を避けて平日に行くなら上記のポイントを抑えて出かけると良いでしょう。

特に「当日券の購入が長蛇の列」といった混雑情報もあったのでチケットの事前購入は必須です。

午前中に行く場合は会場前から並ぶのが良いでしょう。午後は16時以降がおすすめですが、イチオシは金曜の17時以降です。

初日付近や会期後半は混みあうので、できれば10月後半~11月前半頃が良いでしょう。

他の展覧会では音声ガイド端末を借りるのにも待機列に並ばされたといった口コミもあったので、余計な順番待ちを避けるためにもアプリ版の利用がおすすめです。

国立新美術館の「イヴ・サンローラン展」で土日に混雑を避けるおすすめの時間帯とポイント

  • 10月後半~11月前半
  • 開場前から並んで午前中
  • 16時以降
  • チケットは予めオンライン購入
  • イチオシは土曜17時以降(土曜のみ20時まで開館)
  • 音声ガイドはアプリ版を使用

混雑を避けて土日に行くなら上記のポイントを抑えて出かけると良いでしょう。

初日付近や会期後半は混みあうので、できれば10月後半~11月前半頃がねらい目です。

土日は平日に比べると午前中や16時以降も人が多くなるので、比較的空いている時間を狙ってもそれなりに混雑が予想されます。

当日券の購入は混雑が予想されるのでチケットの事前購入(オンライン)は必須です。

週末は土曜のみ20時まで開館しています。午後は16時頃から少しずつ来場者が減るのでイチオシは土曜の17時以降です。

他の展覧会では音声ガイド端末を借りるのにも待機列に並ばされたといった口コミもあったので、余計な順番待ちを避けるためにもアプリ版の利用がおすすめです。

スポンサーリンク

国立新美術館のアクセス・駐車場と「イヴ・サンローラン展」の情報

会場 〒106-8558 東京都港区六本木7丁目22−2
国立新美術館 企画展示室1E
TEL 050-5541-8600
開催期間 2023年9月20日(水) ~ 2023年12月11日(月)
開館時間 10:00~18:00(最終入場は閉館の30分前まで)
※毎週金・土曜日は20:00まで
休館日 毎週火曜日
駐車場 無し
最寄り駅からのアクセス 東京メトロ千代田線乃木坂駅青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
ロッカー あり(100円返却式)

国立新美術館には提携の駐車場がありません。周辺に民間の有料駐車場もあるにはありますが、駅からよりも徒歩時間が長くなります。

展示構成は全12章でドレスをはじめとする約300着の他、アート作品300点が展示されます。

  • 第0章:ある才能の誕生
  • 第1章:1962年 初となるオートクチュールコレクション
  • 第2章:イヴ・サンローランのスタイル アイコニックな作品
  • 第3章 :芸術性 刺繍とフェザー
  • 第4章:想像上の旅
  • 第5章:服飾の歴史
  • 第6章:好奇心のキャビネット ジュエリー
  • 第7章:舞台芸術ーグラフィックアート
  • 第8章:舞台芸術ーテキスタイル
  • 第9章:アーティストへのオマージュ
  • 第10章:花嫁たち
  • 第11章:イヴ・サンローランと日本

そのため、国立新美術館へは車よりも電車でのアクセスがおすすめです。

各フロアに100円返却式のロッカーがあるので、手荷物をあずけてゆっくりと観覧できます。

最寄り駅から国立新美術館のアクセス①東京メトロ「乃木坂駅」6番出口

東京メトロ「乃木坂駅」6番出口から国立新美術館までは連絡通路があり、エレベーターも完備しているのでベビーカーや車いすでの利用にもおすすめです。

雨に濡れることなくアクセスできるので、デートや小さいお子さん連れの方にもおすすめのルートになります。

スポンサーリンク

最寄り駅から国立新美術館のアクセス②都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口

出典:Googleマップ

都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口からは約350m、徒歩で4~5分の距離になります。

龍土町美術館通りを進んでいけば案内が出ているので迷うことなく美術館まで行けます。

通りから一本入ったルートなので、車通りも少なくベビーカーを押してや小さい子と一緒でも歩きやすくなっています。

最寄り駅から国立新美術館のアクセス③東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口

出典:Googleマップ

東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口からは約450m、徒歩で5分の距離になります。

最初に六本木通りから一本入ってしまえば、後は電柱に国立新美術館までの看板がついているので迷うことなくいけます。

スポンサーリンク

「イヴ・サンローラン展」の前売り券・チケット情報

  • 一般=2,300(2,100)円
  • 大学生=1,500(1,300)円
  • 高校生=900(700)円
  • 図録付チケット=6,300円
  • 音声ガイド付きチケット=2,500円

※金額は全て税込み表示
※()内は前売り価格
※中学生以下は入場無料。
※障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料。
※10月7日(土)~9日(月・祝)は高校生無料観覧日。(学生証の提示が必要)

前売り券は8月17日(木)から販売開始の予定です。

公式オンラインサイト、産経iD、TBSチケット、チケットピアで取り扱っています。

音声ガイド付きチケットと図録付チケットがチケットピア<Pコード:686-627>限定で販売中です。どちらも数量限定なのでお早目にどうぞ。

音声ガイドをアプリで購入する方は、ガイド付きチケットを購入しないよう気を付けてください。

ガイド付きチケットは当日会場で端末をレンタルする方用のチケットになります。

公式チケット購入先一覧

音声ガイドは俳優・声優の津田健次郎(つだ けんじろう)さん

音声ガイドは俳優・声優の津田健次郎(つだ けんじろう)さんが担当し、税込み650円で当日貸出も行うようです。

ガイドの制作は(株)アートアンドパート社で、「iMuT」にてアプリ版での配信もあるようです。

アプリの良いところは、配信期間中聞き放題になる点です。予習復習や待ち時間に丁度良いんですよね。

別の展覧会では音声ガイドの端末を借りるのにも順番待ちになったという口コミもあったので、スマホ操作に抵抗が無い方はできるだけアプリ版の利用がおすすめです。

当日会場でアプリをダウンロードすると時間がかかるかもしれないので、アプリは事前にダウンロードしておきましょう。

アプリ版を利用する方はイヤホンも忘れずに持っていきましょう。

スポンサーリンク

イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイルでは撮影できる?

公式マークのついた「Twitterアカウント」には「一部撮影可」との文言を発見しました。

調べたところ本店では「第9章:アーティストへのオマージュ」のみ撮影が可能になっていました。

この公式アカウントの背景画にも使われているドレスなどがあるエリアになります。

口コミでは「撮影NGエリアが多くて残念」といった投稿もいくつか見られました。

口コミについてはこちらの記事でまとめたのでご覧ください。

イヴサンローラン展2023の口コミと所要時間、グッズ情報まとめ
2023年9月20日(水)〜12月11日(月)に国立新美術館で開催する「イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル」の口コミと所要時間、グッズ情報をまとめました。展覧会に行くか迷っている方の参考になれば幸いです。

イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイルには赤ちゃん連れでも行ける?

  • ベビーカーの持込可能
  • ベビーカーの貸し出しあり
  • 託児サービスあり(有料)
  • 1階に男性も入室可能な授乳室(おむつ用ゴミ箱もあり)

国立新美術館には上記のようなサービスがあり、赤ちゃん連れでもイベントを楽しめます。

ベビーカーの貸出や有料の託児サービスもあるので、かなり赤ちゃん連れもウェルカムな施設です。

当然ですが他の方の鑑賞の妨げになるような場合は一時退室となる場合があります。

授乳室にはおむつ用のゴミ箱まであります。

蛇口からは熱湯もでますがミルク用ではないので、気になる方は水筒などに入れて持参しましょう。

スポンサーリンク

イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル公式HP・アカウント

公式HPの他、公式SNSアカウントでは最新情報をキャッチしやすいのでフォローしておきましょう。

ただ、他の展覧会などに比べるとSNSの更新頻度はそれほど多くありません。

公式SNSなどでグッズの売切れ情報や混雑状況などを投稿するケースが多いんですが、あまりリアルタイムでの情報は期待できないかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

  • おすすめは10時~12時、16時以降
  • イチオシは金曜・土曜の17時以降
  • 12時~16時は混雑予想
  • 撮影は一部のみ可能
  • 赤ちゃん連れでも楽しめそう

ここでは国立新美術館で行われるイヴ・サンローラン展の混雑予想と混雑回避のポイント、アクセス、開催概要、チケット情報、音声ガイド、撮影可否、赤ちゃん連れの方に向けた施設情報をまとめました。

国立新美術館の開館時間は通常10時~18時ですが、金曜・土曜のみ20時まで開館しています。

16時以降は来場者が減る傾向があるので、ゆっくり観たい方は金曜・土曜の遅い時間がおすすめです。

「イヴ・サンローラン展」で国立新美術館にお出かけを予定している方の参考になると幸いです。

また、次のページでは「イヴ・サンローラン展」の口コミ、所要時間、グッズ情報をまとめたので合わせてご覧ください。

イヴサンローラン展2023の口コミと所要時間、グッズ情報まとめ
2023年9月20日(水)〜12月11日(月)に国立新美術館で開催する「イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル」の口コミと所要時間、グッズ情報をまとめました。展覧会に行くか迷っている方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました