2024カメムシ大量発生はどこ?発生予報エリアや注意報と対策法

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

政治・経済・生活
スポンサーリンク

9月13日に農林水産省が「令和6年度病害虫発生予報第2号」で、この先の病害虫の発生予報を発表しました。

第2号で発表された発生予報エリアは農産物やカメムシの種類によって異なりますが、関東、東海、近畿、中国、四国及び九州の一部地域です。

ここではカメムシの発生予測エリアと対策についてまとめました。あくまで朝ベランダや玄関で大量に死んでいるのが嫌な一般の方向けの対策となります。

スポンサーリンク

2024年カメムシ大量発生の予報エリア

被害予想の作物 大量発生が予想される害虫 予報エリア
果樹共通 果樹カメムシ類 関東、東海、近畿、中国、四国、九州、甲信

上記は農林水産省が発表した「令和6年度病害虫発生予報第2号」にて発生が多いと予想されたエリアで、周辺地域でも大量とはいかなくとも発生する可能性があります。

予報エリアは関東、東海、近畿、中国、四国、九州で「発生が多い」甲信で「やや多い」とされています。

住まいの近くで上記のような作物の田畑がある方は、対策を講じた方が良いでしょう。

茨城県、栃木県、埼玉県、千葉県、愛知県、京都府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、岡山県、山口県、香川県、徳島県、高知県、福岡県、長崎県、熊本県及び大分県から注意報が発出されています。

引用:農林水産省 令和6年5月15日 令和6年度病害虫発生予報第2号

現時点での具体的な地域は次の通りで、ニュースなどでも報道していますが、24年は暖冬の影響で越冬した個体がこれから餌を求めて移動すると考えられています。

また、上記とは別で各都道府県が発表している注意報もまとまっていたのでご紹介します。

スポンサーリンク
発表月日 都道府県 対象作物 対象病害虫
4月23日 山口県 ナシ、モモ、リンゴ、ウメ、カンキツ、ビワ等果樹全般 果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ・クサギカメムシ)
4月25日 和歌山県 ウメ、モモ、スモモ、カキ、カンキツ 果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ)
4月26日 高知県 果樹全般(ウメ、モモ、
スモモ、ナシ、カンキツ類、ビワ等)
果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ)
4月30日 徳島県 果樹全般
(特に、ウメ、モモ、ナシ、カキ)
果樹カメムシ類
(ツヤアオカメムシ・
チャバネアオカメムシ)
5月1日 福岡県 果樹全般 果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ他)
5月1日 香川県 モモ、ウメ、スモモ、アンズ、ナシ等 果樹のカメムシ類
(主にツヤアオカメムシ)
5月2日 京都府 果樹全般 果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・クサギカメムシ・ツヤアオカメムシ)
5月2日 兵庫県 果樹類
(特にナシ、モモ、カンキツ、カキ)
果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・
クサギカメムシ・ツヤアオカメムシ)
5月2日 熊本県 果樹全般
(カンキツ、ナシ、カキ、モモ、スモモ、ウメ等)
果樹カメムシ類
(主にチャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ)
5月2日 長崎県 果樹共通 カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ)
5月8日 大分県 果樹全般
(特にナシ、ウメ、スモモ等の落葉果樹)
<果樹カメムシ類 (チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ・クサギカメムシ)/td>
5月9日 愛知県 果樹全般
(ウメ、モモ、ナシ
果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ)
5月10日 岡山県 モモ、ナシ等 果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ)
5月10日 千葉県 果樹全般 果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ・ツヤアオカメムシ・クサギカメムシ・アオクサカメムシ)
5月10日 茨城県 果樹類(ナシ、リンゴ等) チャバネアオカメムシ
5月13日 栃木県 果樹類(なし・りんご・ぶどう・キウイフルーツ・もも・うめ等) 果樹カメムシ類
(チャバネアオカメムシ)

参考:「令和6年度病害虫発生予報第2号

今出ている情報は主に農産物への被害を注意喚起するための情報ですが、昨年も大量発送しTwitterではカメムシがトレンド入りしていました。

今後、対象エリアではカメムシが大量発生する可能性があるので、次のページで具体的なカメムシ対策をまとめたのでどうぞ。

2023カメムシ大量発生はどこ?発生予報エリアや注意報と対策法
2023にカメムシの大量発生が予想されているエリア(北海道、北東北、南関東、四国、北陸、中国、東海道、四国、九州の一部)をまとめました。また、カメムシ対策についてもまとめたので、大量発生で困っている方は参考にしてみてください。
スポンサーリンク

まとめ

ここではカメムシの大量発生エリア(関東、東海、近畿、中国、四国及び九州の一部地域)と対策方法をまとめました。

朝一番に玄関で大量発生していたり、洗濯物を干そうとベランダに出たら大量にひっくり返っているとテンションが下がってしまいますよね…。

大量発生は自然災害のようなものなので避けられませんが、寄せ付けない対策は可能です。

既に大量発生に悩まされている方はぜひ実践してみてください。

余談ですが、カメムシが大量発生した年は大雪になると言われていますが、カマキリも含めて大量発生と大雪とは関係ないそうです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました