名古屋のガウディとサグラダファミリア展での混雑予想と所要時間まとめ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年12月19日(火)~2024年3月10日(日)まで名古屋市美術館で開催中の「ガウディとサグラダファミリア展」の混雑が予想される時間帯は11時~15時おすすめの時間帯は平日の朝イチか15時以降です。

混雑具合によりますが所要時間は順調に見られれば1時間半~2時間くらい見ておくと良いでしょう。

ここでは名古屋市美術館で開催中の「ガウディとサグラダファミリア展」の混雑予想と所要時間、口コミ、チケット、グッズ情報、撮影可否、赤ちゃん連れの方への情報などをまとました。

「ガウディとサグラダファミリア展」で名古屋市美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

名古屋で開催する「ガウディとサグラダファミリア展」の混雑予想は11時~15時おすすめの時間帯は?

混雑が予想される日時

  • 会期の初日や最終日付近
  • 11時~15時
  • 土日祝日、連休
  • テレビや新聞で取り上げられた後
  • イベント開催日時の後

名古屋市美術館で開催する「ガウディとサグラダファミリア展」の混雑が予想される時間帯は上記の通りです。そのため、土日や連休中は11時~15時頃は混雑が予想されます。

そのため、ゆっくり観覧したい人におすすめの時間帯は平日だと朝イチか15:00以降です。

ちなみに「ガウディとサグラダファミリア展」は東京展では連日人気で常に20~30分後の入場整理券を配布している状況でした。

その後開催した滋賀展では比較的ゆっくり観られたといった口コミもありましたが、名古屋ではある程度の混雑が予想されます。

講演会などのイベントのある日や、テレビや新聞で紹介された後は混みあうことが多いので、ゆっくり観覧したい方はそういった日を避けましょう。

スポンサーリンク

名古屋市美術館で開催する「ガウディとサグラダファミリア展」で平日に混雑を避けるおすすめの時間帯は?

  • 1月~2月
  • 朝イチか15時以降
  • 金曜日の17時以降がイチオシ
  • チケットは事前購入
  • 音声ガイドはアプリがおすすめ

平日は9:30からと15時以降がおすすめです。

金曜日(2月23日を除く)は20時まで開館しているので、ゆっくり観たい方は金曜日の17時以降がイチオシです。

チケット売り場が混みあうこともあるのでチケットは事前購入がおすすめです。

開催して直ぐや終了間近になると駆け込みが増えるので、1~2月がおすすめです。

別の展覧会ですが、音声ガイド端末を借りるのにも順番待ちをしたといった口コミもあったので、混雑が予想される時間帯に行く方はアプリ版の利用がおすすめです。

名古屋市美術館で開催する「ガウディとサグラダファミリア展」で土日に混雑を避けるおすすめの時間帯は?

  • 1月~2月
  • 朝イチか15時以降
  • チケットは事前購入
  • 悪天候の日
  • 音声ガイドはアプリがおすすめ

土日も9:30からと15時以降がおすすめです。

土日や祝日はある程度の混雑は覚悟する必要があります。

悪天候の日は人の出が悪くなるので、ゆっくり観たい方は1~2月で悪天候の日に朝イチや15時以降に出かけるとよいでしょう。

別の展覧会ですが、音声ガイド端末を借りるのにも順番待ちをしたといった口コミもありました。

アプリ版だと会期中にいつでも聞けるので、予習や復習にも使えます。ただし、現在配信中の音声ガイドは滋賀展の2023年9月30日(土)~12月3日(日)のものなので、名古屋展が始まってから購入しましょう。

スポンサーリンク

名古屋市美術館の「ガウディとサグラダファミリア展」の所要時間はどれくらい?

名古屋市美術館でも100点を超える図面や模型などの資料が展示されるので、観覧のみなら1時間~1時間半、グッズも含めると2時間程度みておけば十分でしょう。

東京展は連日かなり混雑していて、展示場内の導線に対するバッドコメントなどもありました。

名古屋展ではそこまでの混雑がないと予想していますが、滋賀展よりは混雑が予想されます。

名古屋展でも混雑している場合や、解説を全て読んだり撮影可能な作品を全て撮影していく場合などはプラスで30分~1時間くらい余裕を見ると良いでしょう。

名古屋市美術館の「ガウディとサグラダファミリア展」の情報

出典:Googleマップ

会場 〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄2丁目17−25 芸術と科学の杜・白川公園内
TEL 052-212-0001
開催期間 2023年12月19日(火)~2024年3月10日(日)
開館時間 9:30~17:00
2月23日を除く金曜日は20:00まで
(最終入場は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(1月8日[月・祝]、2月12日[月・休]は開館)
12月29日[金]~1月3日[水]、1月9日[火]、2月13日[火]
駐車場 なし

ガウディとサグラダファミリア展を開催中の名古屋市美術館には無料で使える駐車場はありません。

周辺の駐車場は次のページをご覧ください。

名古屋市科学館の特別展ネコの混雑状況と駐車場やアクセス、グッズ情報まとめ
ここでは名古屋市科学館で開催中の特別展「ネコ」にゃんと!クールなハンターたちの混雑予想と駐車場、チケット、グッズ情報などをまとました。事前にネットでチケットを買っておけばほとんど待ち時間なしで入場が可能です。ゆっくりと観覧するためにも事前にチケットを購入しておきましょう。

構成は第1部「ガウディとその時代」第2部「ガウディの創造の源泉」第3部「サグラダ・ファミリア聖堂の軌跡」第4部「ガウディの遺伝子」の4部構成です。

館内のロッカーは無料で使えます(受付で声をかけて専用コインをもらうシステム)が、混雑具合によって直ぐ埋まってしまいます。

電車で行く方は駅のロッカーを利用した方が安心かもしれません。

スポンサーリンク

名古屋市美術館で開催の「ガウディとサグラダファミリア展」の前売り券・チケット・割引情報

  • 一般:1,800円(1,600円)
  • 大学/高校生:1,000円(800円)
  • 中学生以下:無料
  • 1月券/2月券:一般=1,500円、ペア=2,800円
  • グッズ付チケット:A/B=2,600円、C=2,500円
  • 音声ガイド:650円でレンタル可能

※金額は税込み表示
※()内は前売りと20名以上の団体価格。
※団体券は名古屋市美術館にて12月19日(火)から3月10日(日)の開館中のみ販売。
※障害のある方、難病患者の方は、手帳(ミライロID可)または受給者証の提示により本人と付添者2名まで、当日料金の半額。
※高大生チケットあるいは障害者チケットを購入された方と中学生は、当日美術館の受付で証明となるもの(学生証、障害者手帳など)の提示が必要。
・名古屋市交通局発行の「ドニチエコきっぷ」「一日乗車券」「24時間券」を当日利用して来館された方は当日料金から100円割引。
・「名古屋市美術館常設展定期観覧券」の提示で当日料金から200円割引。
・いずれも他の割引との併用は不可。
・会期中、本展の観覧券で常設展も観覧可能。

名古屋市美術館で開催の「ガウディとサグラダファミリア展」の前売り券は2023年10月16日じゃら12月18日まで販売します。

ただ、東京展(一般:2,200円)に比べると安くなっていますが、滋賀展(一般:1,300円)と比べると少し高くなっています。

ただその分、平日限定の〇月券やグッズ付チケットなど、お得なチケットが増えています。

滋賀展では日時予約制でしたが、名古屋展では時間指定はないようです。

名古屋市美術館のチケット売り場で当日券を買う場合、支払いは現金のみなので注意しましょう。

前売り券は美術館の他「Boo-Wooチケット」「チケットぴあ(Pコード:686-693)」「ローソンチケット(Lコード:42801)」「セブンチケット(セブンコード:103-262)」「イープラス」で販売しています。

グッズ付チケットは「Boo-Wooチケット」のみ、〇月チケットは「Boo-Wooチケット」「「チケットぴあ(Pコード:686-693)」「ローソンチケット(Lコード:42801)」のみの取り扱いになります。

公式チケット販売ページ

「ガウディとサグラダファミリア」展の音声ガイド

  • 会場レンタル版:税込み650円
  • アプリ版:税込み650円
  • 収録時間:35分

音声ガイドは俳優の城田優(しろた ゆう)さんで、幼少期にバルセロナに住んでいたこともあり、サグラダ・ファミリアには100回くらい行っているそうです。

少し高いですが、ガイドがあると作品への理解度が高まりますし、展覧会をより楽しめるので余裕のある方は音声ガイドも購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、利用するならアプリ版がおすすめです。アプリ版は配信期間中であればいつでもどこでも・何度でも聞くことができるので、予習や復習にも使えます。

アプリ版を利用する場合は、当日イヤホンを忘れずに持参してください。

また、他の展覧会では端末を借りるのに列に並んで時間がかかったといった情報もあったので、スマホ操作に抵抗がなければできるだけアプリ版を利用しましょう。

スポンサーリンク

「ガウディとサグラダファミリア展」の口コミ・評価

  • 内容が濃くて素晴らしく大満足
  • ガウディの凄さガウディ建築の素晴らしさを実感
  • 論理的に解説されてて分かりやすくてめっちゃ良い展示会
  • 肉眼だったら見えない高い所の細部とかも見えるし良いね
  • 映像での説明もあり、ふんふん なるほど~ってわかりやすくて面白かった
  • 展示物は全て言っていいほどの見応え
  • 展示もボリュームあって、図面の緻密さが凄かった!

Twitterで新しい口コミの中からいくつか紹介させて頂きました。

東京展では「動線が悪い」といった感想も見られましたが、滋賀展では特にそういった内容は見られませんでした。

東京展に比べると料金が安いので、比較すると滋賀展の方がゆっくりと観られたようです。

名古屋展のチケット代は東京展と滋賀展の間くらいですし、公共交通機関のアクセスも良いので、滋賀展に比べると混雑しそうですね。

東京展/滋賀展共にいった方の口コミにはまた「スペインに行きたくなった」「今度はスペインにいって実物を見たい」といった口コミが複数見られました。

スポンサーリンク

「ガウディとサグラダファミリア展」のグッズ

東京展の会期は2023年6月13日(火)~9月10日(日)なので、この方は中盤に来場したようですが既に品切れのグッズもあったようです。

センチメンタルサーカスのコラボ商品が人気のようで、グッズ目当てにいったけど展示も良かったなんて口コミみありました。

グッズは図録、キーホルダー、ポストカード、ファイル、ペンケース、ブックカバー、センチメンタルサーカスとのコラボグッズ(クリアホルダー、ステッカー、ポストカード、キーボルダー、アクリルスタンド、スライダーケース、ステンドグラスブックマーク)、シナモロールとのコラボグッズ(クリアファイル、木製イーゼルつきキャンバスマグネット)、佐野凜由輔さんとのコラボグッズ(クリアファイル、トートバッグ)などがあります。

詳しくは「図録・グッズ・音声ガイド」をご覧ください。

スポンサーリンク

名古屋市美術館で開催の「ガウディとサグラダファミリア展」は撮影できる?

名古屋市美術館は展覧会によって撮影可否が分かれています。

ガウディとサグラダファミリア展は東京展では一部(第3章)撮影が可能でしたが、滋賀展では撮影不可でした。

そのため、恐らく名古屋展では東京展と同様に3章の撮影が可能になると予想しています。

撮影が可能な展示があっても、フラッシュ、三脚、自撮り棒を使った撮影は禁止されているので注意しましょう。

滋賀のガウディとサグラダファミリア展での混雑予想と所要時間まとめ
ここでは佐川美術館で開催中の「ガウディとサグラダファミリア展」の混雑予想と所要時間、口コミ、チケット、グッズ情報などをまとました。現在は入場日時の事前予約を行っているので、予約をしておけば入場待ちは避けられます。人気の展覧会なので早めに予約しておきましょう。
404 NOT FOUND | アレとコレブログ
お出かけで気になるアレコレ

名古屋市美術館で開催の「ガウディとサグラダファミリア展」は赤ちゃん連れもいける?

  • 授乳室は受付に声をかければ利用可能
  • 女子トイレ(地下1階、2階)、男性トイレ(1階)にオムツ替えシートあり
  • ベビーカーの貸出あり(2台)

名古屋市美術館では上記のような設備・サービスがあるので赤ちゃんや小さい子連れでも楽しめそうですね。

また「ガウディとサグラダファミリア展」のチケットで常設展も入場可能(中学生以下無料)で、常設展の中で塗り絵をさせてもらえます。

お子さんが飽きちゃったらぜひ常設展の方に行ってみると良いでしょう。

授乳室は医務室を兼ねているので、受付に声をかけると案内してくれます。

そのため、医務室として利用中だと授乳できない場合があるかもしれません。

スポンサーリンク

「ガウディとサグラダファミリア展」の巡回予定

開催地 会場 会期
東京 2023年6月13日(火)~9月10日(日) 東京国立近代美術館 1F企画展ギャラリー
滋賀 2023年9月30日(土)~12月3日(日) 佐川美術館
愛知 2023年12月19日(火)~2024年3月10日(日) 名古屋市美術館

巡回予定は上記の通りです。

名古屋展では会期中に展示替えがあります。東京展では「作品リスト」が出ていたので、恐らく名古屋展でも会期が始まる頃には作品リストが用意されると予想しています。

今のところ愛知以降の巡回予定はありません。

恐らく名古屋展が最後になるので、滋賀展は車がないとアクセスが悪かったので行けなかった方はぜひ名古屋展に足を運んでみてはどうでしょうか。

まとめ

  • おすすめは平日9時30分からか15時以降
  • イチオシは金曜の17時以降
  • 所要時間は1時間半~2時間
  • 一部写真撮影が可能と予想
  • 赤ちゃん連れも楽しめる
  • 11時~15時、土日祝日・連休は混雑予想

ここでは名古屋市美術館で開催中の「ガウディとサグラダファミリア展」の混雑予想と所要時間、口コミ、チケット、グッズ情報、撮影可否、赤ちゃん連れの方への情報などをまとました。

東京展では連日20~30分待ちになっていました。名古屋展ではそこまでではないと思いますが、それなりの混雑が予想されます。

できるだけ空いている時間帯を狙ってお出かけしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました