町田啓太の韓国ハーフ説はデマ!?両親の出会いは宇都宮大学で群馬と栃木にルーツあり

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

エンタメ・芸能人
スポンサーリンク

町田啓太(まちだ けいた)さんは以前からハーフ説がありましたが、ご両親のルーツを調べたところお二人とも日本人で宇都宮大学で出会っていました。

また、同性の私から見ても美しい顔や、奥さんが韓国籍ということもあってか、韓国ハーフという説もあるようですが、これも誤りのようです。

そのため、町田啓太さんは日本国籍だと考えられます。

ここでは町田啓太さんのご両親について調べてみました。

スポンサーリンク

町田啓太の韓国ハーフ説はデマ!両親は教師で大学で出会っていた

町田啓太さんの両親

  • 父:町田晃一さん教師
  • 母:町田敦子さん教師

町田啓太さんの両親はお二人とも教師です。

お二人の出会いは宇都宮大学のバードウォッチング部だったそうで、お母さんはお父さんを初めて見た時に学生だとは思わずOBだと思ったそうです。

これは2023年11月24日に放送したNHKの「ファミリーヒストリー」で語られています。

ここからはファミリーヒストリーで語られたご両親のルーツについてご紹介します。

スポンサーリンク

町田啓太の父親は群馬生まれ

町田啓太さんの父 晃一さんは、ブロック職人だった(啓太さんの祖父母)七郎さんと光江さんの間に群馬で生まれます。

ご両親は教師として共働きだったので、普段は祖父母にめんどうを見てもらっていたそうで、祖父の七郎さんはとても厳しい方だったそうです。

反対に祖母の光江さんは菩薩のような優しいおばあちゃんだったそうです。

また、啓太さんの自宅近くに町田家の墓もありました。

父 晃一さんのルーツを見る限り、日本人と考えて良いでしょう。

町田啓太の母親は栃木生まれ

町田啓太さんの母 敦子さんのご両親については情報が見つかりませんでした。

ですが、ファミリーフィストリーでは(啓太さんのから見た母方の曽祖父)珍彦(うつひこ)さんについて触れていました。

珍彦さんは関東大震災の被災者で、震災を機にそれまでの仕事を辞め、故郷の栃木県那須烏山市戻り役場に勤めました。

その後母の敦子さんが昭和37年に生まれているので、やはりお母さんも日本人と考えて良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

町田啓太さんのハーフ説や韓国ハーフ説の真相を知るために、町田啓太さんのご両親について調べてみましたが、ご両親はどちらも日本人のようです。

男の私から見てもアジア人としてはキレイ過ぎて色気を感じるので、ハーフ説が出るのも納得ですが、ご両親のルーツを見るに町田啓太さんも日本人と考えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました