松岡美術館「印象派の光」展の口コミと所要時間、グッズ情報まとめ

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年6月20日(火)〜10月9日(月)に松岡美術館で開催する「モネ、ルノワール 印象派の光」の口コミと所要時間、グッズ情報をまとめました。

「モネ、ルノワール 印象派の光」展の展示は全38点なので、所要時間は30分~1時間程度見ておけば良いでしょう。

同時開催している「江戸の陶磁器 古伊万里展」「古代オリエント 創造の源」も評判が良かったので観覧する方はプラスで30分~1時間程度見ておくと良いでしょう。

非常に満足度が伝わる口コミが多かったので「印象派の光展」に行くか迷っている方はぜひご覧ください。

松岡美術館「印象派の光」展の口コミ

就職してから絵画に触れる機会なさすぎたけど、印象派の光展とルーヴル展行ってやっぱ好きだな…になったから定期的に行こうと思った 次はモネの連作見に行くぞ……!

引用:X(旧Twitter)

  • 複数あったアンリ・マルタンとマクシミリアン・リュス作品群が特に好み
  • モネ目当てに行ったんだけど、ルノワールもシスレーもステキ
  • 特に知名度がそう高くない画家の絵に松岡氏の趣味が現れているように思う
  • 一度見た時良いと思ってまた戻って見たらそうでもなかったり、その逆もあったり絵って不思議
  • 小さい展示会なのにメジャーどころが揃っててびっくり
  • マルタンの絵が3作品も見れたのと、紀元前の彫像たちが見れたのも良かった
  • 印象派の作品は美しい景色が多く心洗われる思いでした
  • 展示数はほどほどだったけど、好きな絵が見つけられた
  • こじんまりとした上品な美術館でした。 混んでなかったからのんびり観られて満足
  • パリ近郊の穏やかな風景、母子像など目の保養になる作品多し

松岡美術館で開催している「印象派の光」展の口コミを集めたところ、上記のような内容を見つけました。

まとめると「展示数はそれほど多くないけど混雑してなくてゆっくり観られて良かった」といった内容が多く見られました。

「印象派の光」展は松岡美術館が所蔵するコレクション展なので、他の美術館から作品を借りてきて展示する展覧会と比べるとどうしても作品数は少なめです。

今回は「モネ、ルノワール 印象派の光」という企画ですがモネの作品は「サン=タドレスの断崖」「ノルマンディの田舎道」「エトルタの波の印象」の3点、ルノワールの作品は「ローヌの腕に飛び込むソーヌ」「リュシアン・ドーデの肖像」の2展です。

なので、二人の作品を沢山見られると思って行くと拍子抜けするかもしれません。

とは言え、意外とモネ、ルノワール以外の作品に対する口コミや感想も多く、皆さん満足されているようでした。

「印象派の光」展の所要時間/滞在時間はどれくらい?

出典:松岡美術館

  • 展覧会:30分~1時間
  • ショップ:10~20分
  • 同時開催中の企画展:30分~1時間

「モネ、ルノワール 印象派の光」展の展示は全38点です。

展示室は5と6に分かれますが、スペース的にはそれほど広くありません。

混雑状況やどのくらい興味を持って観覧するか(2周目の有無など)にもよりますが、30分~1時間は観ておいた方が良いでしょう。

また、同時開催している「江戸の陶磁器 古伊万里展」49点(展示室4)「古代オリエント 創造の源」(1階、展示室1)も観覧できるので、こちらも見るならプラスで30分~1時間程度見ておくとよいでしょう。

口コミの中には「絵を目的に行ったけど他の展示も面白かった」という口コミもあったので、ぜひ時間がある方は観覧すると良いでしょう。

展示数が多いのでじっくりと観る方なら3時間は楽しめそうです。

松岡美術館のミュージアムショップは受付と併設で、国立美術館などのショップと比べると小さめなので、10~20分程度見ておけば良いでしょう。

「印象派の光」展2023のグッズ情報

本店の限定グッズにはクリアファイル、絵葉書が販売されている他、同時開催の陶磁器展のポストカード、中国絵画に出てくる人物のアクリルスタンドなどを販売していて、本展限定のグッズは少なめです。

ミュージアムショップのみの利用も可能なので気になるグッズがある方は、先にグッズを購入してロッカーに預けてからゆっくりと観覧しても良いでしょう。

ミュージアムショップでは現金の他、クレジットカード(VISA、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、discover)電子マネー(iD、QUICPay、applePay、suica、PASMO、kitaca、talca)などを利用可能です。

まとめ

2023年6月20日(火)〜10月9日(月)に松岡美術館で開催する「モネ、ルノワール 印象派の光」の口コミと所要時間、グッズ情報をまとめました。

2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)まで上野の森美術館で開催する「モネ 連作の情景」展のCMや広告などの影響か本展も注目度が高まっています。

上野の森美術館「モネ展 連作の情景」の前売りチケットと混雑予想も
このページでは他に「モネ 連作の情景」展の前売りチケットや音声ガイド、所要時間や口コミ、グッズ情報、赤ちゃん連れの方に向けた設備情報などをまとめました。お出かけを予定している方の参考になると幸いです。

会期終盤は混雑する傾向があるので、早めに出かけてみてはどうでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました