百鬼夜行へようこそ! 絵巻からおもちゃまで展の割引情報と所要時間

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年9月16日(土)~2023年12月12日(火)まで湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で開催する「百鬼夜行へようこそ! 絵巻からおもちゃまで」の所要時間は30分~2時間です。

人によって展示物への関心が変わるので、スペース的にはサラッと観ると30分程度で終わってしまう人もいるでしょう。

広島駅からは備北交通がお得なバスパック(入館料混み3,620円)を販売しています。

このページでは他に「百鬼夜行へようこそ!」展のチケット情報、所要時間、口コミ、グッズ、駐車場、アクセス、赤ちゃん連れの方に向けた情報などをまとめました。

「百鬼夜行へようこそ!」展で三次もののけミュージアムへのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

三次もののけミュージアムで開催の「百鬼夜行へようこそ!」展のチケット情報【割引クーポンはなし!】

  • 一般:600円(480円)
  • 大学/高校生:400円(320円)
  • 小中学生:200円(160円)

※価格は全て税込み
※ ()内は団体料金
※団体利用は事前連絡が必要
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健手帳等の交付を受けた者及びその介助者1名は無料

三次もののけミュージアムで開催する「百鬼夜行へようこそ!」展には前売り券はありません。

チケット売り場で購入できる当日券のみになります。団体割は事前連絡が必要です。

以前は備北交通から入場券付きの高速バスチケットが販売されていましたが、最近は割引などを行っていないようです。

また「三次もののけミュージアム 割引」などで検索すると出てくる「Coupert」という割引情報をまとめている?サイトですが、ミュージアム公式から注意アナウンスが出ているのでお気をつけください。

Coupert 」という本館と取引のないサイトおよびアプリの存在を確認いたしました。
上記で発行されたクーポンはご利用できませんのでご注意ください。

引用:三次もののけミュージアム

入館料ではありませんが「三次ドライブ割」というデジタルクーポンを提示すると、併設の「もののけダイニング」のソフトクリームかはちみつソフトが50円引きになります。

三次ドライブ割の公式HP

広島駅から三次もののけミュージアムはバスパック割がおすすめ!

  • 大人=3,620円
  • 大学/高校生=3,460円
  • 中学生=3,300円
  • 小学生=1,760円
  • 障がい者=1,600円

※金額は税込み表示
※金額は往復の金額
※もののけミュージアムの入館料混み
※もののけミュージアム休館日はパック除外日です。

備北交通が運行する「三次もののけミュージアムバスパック」では広島駅から三次もののけミュージアムまでが往復3,620円で、入館引換券までセットになっています。

乗車時間は約1時間40分で、1日7便ほど出ています。

こちらのバスパックは三次ワイナリーや周辺の散策に便利なローカルバスの乗り放題券もセットになっています。

バスパックもののけチラシの広告ページ

「百鬼夜行へようこそ!」展の滞在時間・所要時間はどれくらい?

出典:三次もののけミュージアム

所要時間/滞在時間の目安

  • 企画展&常設展:30分~2時間
  • ミュージアムショップ:2~30分

百鬼夜行へようこそ!展の所要時間は混雑状況やどれくらい時間をかけて観るか、お子さんの有無によりますが、じっくりと観覧する人なら1時間~2時間は確保しておくと良いでしょう。

三次もののけミュージアムの展示室はそれほど広くないので、スペース的にはさらっと見る人なら30分程度で終わってしまう人もいるでしょう。

ただ、常設展は子供も楽しめる展示(デジタルアート)があるので、お子さんがいる場合は30分~1時間くらい楽しめます。

常設展は観ずに「百鬼夜行へようこそ!」展だけを観る場合、展示数は前期・後期ともに約40点程度なので30分~1時間くらいで終わります。

三次もののけミュージアムのミュージアムショップはそれほど広くないので、グッズも見たい方は上記にプラス2~30分は見ておくと良いでしょう。

三次もののけミュージアムの口コミ

  • 妖怪の人形や絵など展示してあり小規模ながら満足
  • ミュージアム自体の敷地面積はそんなに広くはないからゆっくり観た方が良い
  • チームラボのコーナーは、大人でも楽しめた
  • 真正面から妖怪やモノノケを取り上げているので行く価値はある
  • 展示内容は意外と量がある
  • 人魚や、河童、雷獣、鬼や天狗のミイラや骨等よく集められたと思う
  • とにかく場所が不便

基本的には良い口コミが多くて「コンパクトだけど小さくまとまっていて展示数が多く、大人も子供も楽しめた」といった内容を多く見かけました。

反対に悪い口コミとしては「面積が狭いので速足だと直ぐ終わる」「アクセスが悪い」といった口コミをいくつか見つけました。

ですが、この辺りは仕方ない部分ですよね。観る人によりますが「展示数は多い」「金額的には満足」といった口コミもあったので、行って後悔することは少ないかと思います。

チームラボの常設展「チームラボ 妖怪遊園地」があり、映像技術を使った展示なので子供も楽しめる施設として人気があるようです。

オープン当初はけっこう混雑する非が多かったようですが、混雑も落ち着いてきて平日は空いていることが多いようです。

ゆっくりと観覧したい方は平日に出かけてみてはどうでしょうか。

「百鬼夜行へようこそ!」展のグッズ

「百鬼夜行へようこそ!」展の限定グッズは今のところ図録のアナウンスがありました。

本展の展示品は全て三次もののけミュージアムが所蔵するものなので、既にグッズ化されているものが多いんでしょうね。

宇河弘樹さんとのコラボグッズは人気が高くX(旧Twitter)でも投稿が多い他、ノートやピンバッジ、マスキングテープ、一筆箋、お香(百鬼夜香)、双六、ポストカード、タオル、トートバッグ、手ぬぐい、ハンカチ、缶バッジなどがあります。

ミュージアムショップは観覧券無しで自由に出入りが可能です。

三次もののけミュージアムの「百鬼夜行へようこそ!」展の開催場所・会期情報まとめ

会場 〒728-0021 広島県三次市三次町1691−4
三次もののけミュージアム 企画展示室
TEL 0824-69-0111
開催期間 2023年9月16日(土)~2023年12月12日(火)
開館時間 9:30~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 水曜日
駐車場 あり(無料、約60台)
最寄り駅からのアクセス JR三次駅から車で約5分
ロッカー あり

三次もののけミュージアムで開催する百鬼夜行へようこそ!展は2023年9月16日(土)~2023年12月12日(火)までの約3か月です。

百鬼夜行へようこそ!展は4部構成で第1章「絵巻のなかの《百鬼夜行》」第2章「あれもこれも《百鬼夜行》」第3章「《百鬼夜行》のチカラ」第4章「《百鬼夜行》、妖怪たちの楽園」となっています。

2023年10月26日(木)から後期になり、前期と後期で展示替えがあります。詳しくは「企画展時録」をご確認ください。

ミュージアムにはロッカーがあるので、手荷物を預けて最低限の荷物でゆっくりと観覧できます。

三次もののけミュージアムの駐車場

敷地内に無料の駐車場がありますが、普通車が約60台分(内身障者スペース2台)、大型バス用が6台分とそれほど多くはありません。混雑時に大型バス用のスペースを解放してくれると良いですね。

近くには有料駐車場がなく、尾関山公園駐車場(38台)なら無料ですが約600mほど離れているので、開館直後でなければ専用駐車場の空をまった方が良さそうです。

出典:三次もののけミュージアム

隣接した駐車場とミュージアムの奥に第二駐車場、交番横に第3駐車場があります。

三次もののけミュージアムへのアクセス

三次駅からのアクセス

  • タクシーで約5分
  • 徒歩で約30分(約2㎞)
  • 路線バスで約10分(乗車時間8分、170円)

三次駅まで電車でのアクセス

  • 広島駅から約2時間
  • 福山駅から約3時間
  • 大阪駅から約3時間50分

車でのアクセス

  • 三次ICから車で約10分(4.2㎞)
  • 広島市から車で約1時間20分
  • 呉市から車で約1時間30分
  • 福山市から車で約1時間10分

三次駅からのバスは平日だとほとんど運行していません(7時台に2本、次は16時台)。土日は1時間に一本なので、平日に駅からアクセスするなら徒歩かタクシーが良いでしょう。

公共交通機関を使ったアクセスは良好とはいえず、自家用車がある方は車でのアクセスをおすすめします。

もし駅から歩く方は地図の青線に沿って進んでいくと約30分(約2㎞)になります。

バスでアクセスするなら広島バスセンター発(9番のりば)の高速バスがおすすめです。

往復3,620円でミュージアムの入館引換券付、さらに周辺の散策にも便利な備北交通ローカルバス区間限定乗り放題券もセットです。

バスパックもののけチラシの広告ページ

三次もののけミュージアムで開催の「百鬼夜行へようこそ!」展は撮影できる?

撮影におけるNG行為

  • フラッシュ撮影
  • 三脚及び一脚の使用
  • 自撮り棒の使用
  • 歩行しながらの撮影
  • 動画撮影
  • 他の観覧者の妨げとなるような行為(割り込み、長時間の撮影、他の観覧者が映り込む撮影など)

三次もののけミュージアムでは撮影可能エリアとNGエリアがあります。

展示室内には撮影可否を示すピクトサインが用意されているので、案内に従って撮影しましょう。

特に、常設展はチームラボとのコラボ展示があり撮影NGのエリアが多いです。

三次もののけミュージアムで開催の「百鬼夜行へようこそ!」展は赤ちゃん連れもいける?

  • 授乳に使えるスペースあり
  • 男女トイレにおむつ替え台あり
  • ベビーカーの貸出あり(1台)

三次もののけミュージアムでは展示フロアでのベビーカー使用が可能です。ただし、混雑時は制限がかかる場合があるので抱っこ紐も持って行った方が良いでしょう。

おむつ替え台が女性トイレにしかない施設が少なくありませんが、こちらでは男女どちらのトイレにもベビーシートが用意されています。

授乳室はミュージアム隣の「交流館」にあります。

外に使用中かどうかを示す札がありますが内鍵はないので、間違って開けられないためにもドアの前にイスで座ってガードする必要があります。

簡易水道があるだけなので調乳用のお湯は用意した方が良いでしょう。

まとめ

  • 広島駅からは備北交通のバスパックがおすすめ
  • 所要時間は30分~2時間
  • 撮影は一部可能
  • 授乳スペース、オムツ替え台あり

ここでは湯本豪一記念日本妖怪博物館(三次もののけミュージアム)で開催する「百鬼夜行へようこそ! 絵巻からおもちゃまで」のチケット情報、所要時間、口コミ、グッズ、駐車場、アクセス、赤ちゃん連れの方に向けた情報などをまとめました。

公共交通機関を使ったアクセスが悪いので車でのアクセスがおすすめですが、広島駅からはお得なバスパックが出ています。

「百鬼夜行へようこそ!」展で三次もののけミュージアムにお出かけを予定している方の参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました