モネ&フレンズ・アライブで阿部亮平の音声ガイドは出る?混雑予想も

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

Snow Manの阿部亮平さんが2024年7月12日(金)~9月29日(日)に日本橋三井ホールで開催するモネ&フレンズ・アライブの公式アンバサダーに選ばれました。

そうなるとファンとしては阿部亮平さんの声を音声ガイドで聞けるのかが気になりますよね。

公式発表は無いのであくまで予想ですが、今回のモネ&フレンズ・アライブは光や音・香りなど空間を含めて作品を魅せる没入型展覧会なので、音声ガイドは作られないと考えられます。

また、土日や祝日、連休期間などは当然混雑が予想されますが、平日の朝一や15時以降など少し時間をずらせばそこまで混雑しないと予想しました。

スポンサーリンク

モネ&フレンズ・アライブで阿部亮平の音声ガイドは出る?

Snow Manの阿部亮平さんが2024年7月12日(金)~9月29日(日)に日本橋三井ホールで開催するモネ&フレンズ・アライブに選ばれたことで、普段芸術作品に関心の薄い方からも注目を集めています。

ただ、残念ながら阿部亮平さんによる音声ガイドは作られないと思われます。(もちろん、今後の注目次第では分かりませんが…)

理由は簡単で、今回の「モネ&フレンズ・アライブ」は没入型展覧会です。

没入型展覧会を簡単に説明すると、4DX映画みたいなものをイメージすると良いでしょう。

スポンサーリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゴッホ・アライブ(@goghalivejp)がシェアした投稿

最近あった没入型展覧会だと東京・神戸・名古屋で開催した「ゴッホ・アライブ」が有名です。(ゴッホ・アライブは6月15日~9月13日まで福岡で開催予定)

その他、似たような作品だと「ディズニー・アニメーション・イマーシブ・エクスペリエンス」もイメージとしては近いです。

要は作品をプロジェクションマッピングで映し出して、作品に少し動きを加えたり、風やミスト、香りなどを起こしてただ作品を鑑賞するのではなく、+αの体験をしてもらうのが没入型展覧会になります。

当然、会場内には音楽が流れているので、音声ガイドを聞いていると会場内の音楽が聞こえなくなってしまうんですね。

スポンサーリンク

Snow Man阿部亮平がアンバサダーを務めるモネ&フレンズ・アライブの混雑予想は?

実際に「モネ&フレンズ・アライブ」が開催したら、実際の混雑状況を調べて記事にしますが、恐らくそこまで混雑はしないと考えられます。

ゴッホとモネでは作品が異なるので一概には言えませんが、没入型展覧会は一般的な絵画の展覧会とは来場者の層が異なります。

日本ではこれまでに、名古屋(2022年12月~3月)、神戸(2023年3月~6月)で開催し、延べ約34万人が来場。

引用:ゴッホ・アライブ

実際、ゴッホ・アライブは東京展が24年1月6日~3月31日に開催、先のツイートを考慮すすればゴッホ・アライブ東京展の来場者は19万人ということになります。

「モネ&フレンズ・アライブ」は今のところ東京でのみ開催のようなので、計4か所で開催する「ゴッホ・アライブ」よりは混雑する可能性があります。

ただ、約3か月で20万人が来場、もし「モネ&フレンズ・アライブ」が東京展のみなら+10万人くらいを予想しています。

スポンサーリンク

では次に、人気の展覧会の来場者を調べてみると最近だと東京と大阪で開催した「モネ 連作の情景」を例に見てみます。

  • 東京展の会期:2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)
  • 大阪展の会期:2024年2月10日(土)~2024年5月6日(月・休)

東京展と大阪展の会期は上記の通りで、それぞれ約3か月開催しています。

そして、それぞれ約45万人が来場していることが分かります。

このように、過去の来場者数などを見比べると「モネ&フレンズ・アライブ」はそこまで混雑しないであろうことが予想できます。

それでも(あくまで予想ですが)20万人~30万人の来場が見込まれるので、ガラガラで作品を独り占めできるとは言えません。

ですが、土日祝日や一般的に込み合う11:00~15:00などの時間帯をずらすことで、人混みを避けてゆっくりと観覧できる可能性が高いです。

まだ情報が出ていないのでわかりませんが、例えば阿部亮平とのコラボグッズなども出るかもしれませんね。

会期はまだ先ですが、あまり混雑を怖がらずぜひ会場に足を運んでみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

Snow Manの阿部亮平さんが2024年7月12日(金)~9月29日(日)に日本橋三井ホールで開催するモネ&フレンズ・アライブの公式アンバサダーに選ばれました。

これを受けて普段はあまり絵画に関心の無い人からも注目を集めています。

モネ&フレンズ・アライブは没入型展覧会ということで、阿部亮平さんによる音声ガイドは期待できませんが、人気の展覧会に比べればそれほど混雑はしないと予想しています。

情報待ちですが阿部亮平さんのコラボグッズも出てくるかもしれないので、今後の情報を楽しみに待ちましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました