国立西洋美術館「キュビスム展」前売チケットや混雑予想、所要時間も

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2023年10月3日[火]~2024年1月28日[日]まで国立西洋美術館で開催する「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展—美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」の混雑が予想される時間帯は12時~15時おすすめの時間帯は平日の午前中か15時以降です。

50年ぶりのキュビスム展ということもあり、開催前から注目度の高い企画展になっています。

このページでは他に「キュビスム展」の前売りチケットや割引情報、より詳しい混雑予想、おすすめの時間帯、所要時間、口コミ、グッズ、巡回情報、赤ちゃん連れの方に向けた情報などをまとめました。

「キュビスム展」で国立西洋美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

国立西洋美術館で開催の「キュビスム展」の前売り券・チケット・割引情報

  • 一般:2,200円(2,000円)
  • 大学生:1,400円(1,300円)
  • 高校生:1,000円(900円)
  • 図録付チケット:(5,200円)

※価格は全て税込み
※ ()内は前売り価格で販売は2023年10月2日(月)まで
※観覧無料の中学生以下、障害者手帳をお持ちの方及びその付添者1名、無料観覧券をお持ちの方は直接会場へ
※大学生、高校生、中学生以下、障害者手帳をお持ちの方は、入館の際に学生証または年齢の確認できるもの、障害者手帳の提示が必要
※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟校の学生・教職員は、本展を学生1,200円、教職員2,000円で観覧可能。(会期中当日、券売窓口にて学生証または教職員証の提示が必要)。
※観覧当日に限り本展の観覧券で常設展を観覧可能
※本展の観覧券は会期中1枚につき1人1回、観覧日当日に限り有効。再入場不可
※一度購入されたチケットのキャンセル・券種変更・払い戻し・再発行不可

国立西洋美術館で開催する「キュビスム展」には前売り券があり、当日券よりも一般が200円、中高生は100円お得になります。

前売り券は国立西洋美術館 インフォメーション(8/8〜10/1の開館日のみ)、公式オンラインチケット、TBSチケット、セブンチケット(セブンコード:102-673)、ローソンチケット(Lコード:35365)、チケットぴあ(Pコード:686-626)で扱っています。

図録付チケットはセブンチケットでのみ取り扱いで、予定数に達したら期限前でも販売終了になります。ただ、図録は内容を見て決めたい人も少なくないのではないでしょうか。

国立西洋美術館では過去にチケットの購入待ち情報をあったので、無駄な順番待ちを避けるためにも事前のチケット購入がおすすめです。

割引について調べてみましたが、国立西洋美術館には友の会制度などもないようです。

今後地元の新聞社や観光協会などが割引券などを発行する可能性はありますが、今のところ割引は前売り券のみとなります。

東京「キュビスム展」チケットページ

「キュビスム展」の音声ガイド

直近でアートアンドパート社が作成した音声ガイドの料金と収録時間

  • ガウディとサグラダ・ファミリア展:650円(約35分)
  • コレクション1 80/90/00/10:320円(約15分)
  • ホーム・スイート・ホーム:500円(約20分)
  • 高畑勲展 ―日本のアニメーションに遺したもの:600円(約40分)

※価格は全て税込み

「キュビスム展」の音声ガイドは1台税込み650円です。音声ガイド付きチケットは2,600円なので当日券と当日ガイドを借りるより250円お得になります。

前売り券同様に10月2日(月)までセブンチケット(セブンコード:102-673)でのみ販売していますが、予定枚数に到達したら販売終了です。

ガイドは声優の三木眞一郎(みきしんいちろう)さんと伊駒ゆりえ(いごまゆりえ)が担当しています。

公式HPの音声ガイドページ」にお二人からのボイスメッセージとサンプルボイスがあったので、音声ガイドを借りるか迷っている方は聞いてから決めてみてはどうでしょうか。

また、音声ガイドにはボーナストラックとして山田五郎(やまだごろう)さんの「そもそもキュビスムとは何か?」などが収録されています。

音声ガイドはアートアンドパート社が制作していて、過去に制作したガイドの料金から推測すると収録時間は35~40分程度になるかと思われます。

人気の展覧会では音声ガイドのレンタル待ちも発生することがあります。

恐らくキュビスム展でも「iMuT」というアプリでの配信になるかと思うので、アプリ版にすると会期中はずっと聞くことができます。万が一待ち時間があった場合の予習や、帰ってからの復習にも使えるのでぜひスマホ版を利用しましょう。

当日はイヤホンを忘れないようご注意ください。

「キュビスム展」音声ガイド付きチケットの販売先

国立西洋美術館で開催する「キュビスム展」の混雑予想は12時~15時!その他に避けるべき日は?

混雑予想は

  • 12~15時
  • 連休や土日祝日
  • 会期後半
  • テレビで取り上げられた後
  • 関連イベント開催日

宮崎のキュビスム展では上記のタイミングで混雑が予想されます。

ゆっくりと観覧したい人はできるだけ上記のタイミングをずらすと良いでしょう。

混雑予想にはTwitterで「国立博物館」+「混雑」「待ち」「列」などのキーワードを組み合わせて検索しました。

やはり会期後半や土日祝日の混雑情報が多いことが分かります。

主催にテレビ東京、BSテレビ東京、TBS、BS-TBSなどが入っているので、テレビに取り上げられる可能性も考えられます。テレビ露出後は混雑が予想されます。

また、下記日程で関連イベントを開催します。この日時は通常に加えて人が増えるので、混雑を避けたい方はこれらの日程は避けると良いでしょう。

関連イベント

講演会「偉大な革命、キュビスム

講 師:ブリジット・レアル(本展監修者・フランス文化財首席学芸員・ポンピドゥー センター/国立近代美術館・産業創造センター前副館長)

日 時:2023年10月4日(水)14:00~15:30

Music Program TOKYO まちなかコンサート~芸術の秋、音楽さんぽ~《『パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展―美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ』に寄せて》

出演:ヴァイオリン:坪井夏美
ヴァイオリン:吉江美桜
ヴィオラ:渡部咲耶
チェロ:加藤文枝

日時:①2023年10月31日(火)14:00~14:30
②2023年10月31日(火)15:30~16:00

スポンサーリンク

宮崎開催のキュビスム展で平日におすすめの時間帯やポイント

  • 10時~12時
  • 15時以降
  • 金曜16時以降
  • 会期前半
  • チケットは事前購入
  • 音声ガイドはアプリを使用する

平日にキュビスム展に行くのであれば上記で挙げたポイントを抑えて行くと良いでしょう。

開館は9:30なので開館直後は入場待ちやチケット購入待ちに巻き込まれる可能性が考えられます。

チケットを事前に購入して9時頃から入場待ちするか、10時頃到着すると良いでしょう。

午後は15時頃から人が減るケースが多いので、ゆっくりと観覧したい方は15時以降がおすすめです。

特に金曜日は20時まで開館しているので、16時以降のできるだけ遅い時間がおすすめです。

また、別の展覧会で音声ガイドを借りるのにも時間がかかったといった口コミがありました。

音声ガイドはスマホアプリにすれば24時間聞けるので、余計な待ち時間を減らすためにもアプリ版を利用しましょう。

宮崎開催のキュビスム展で土日におすすめの時間帯やポイント

  • 午前中
  • 土曜の15時以降
  • 会期前半
  • チケットは事前購入
  • 音声ガイドはアプリを使用する

GoogleマップやFacebookの混雑データ(約1年前に更新)によれば土日も午前中と15時以降はピークが予想される時間に比べると人が少ないことが分かります。

事前にチケットを購入の上、9時頃から並ぶか15時以降がおすすめです。

特に土曜は20時まで開館しているので、ゆっくりと観覧したい人は遅めの時間に出かけると良いでしょう。

空いているようなら音声ガイドを借りても良いですが、混雑時は端末を借りるのにも時間がかかる可能性があります。

スマホアプリの音声ガイドは24時間聞けるので、待ち時間の予習や帰宅後の復習にも使えます。

スマホの操作に不安がなければアプリ版を利用しましょう。

スポンサーリンク

「キュビスム展」の滞在時間・所要時間はどれくらい?

所要時間/滞在時間の目安

  • 企画展:30分~2時間
  • 常設展:30分~1時間半
  • ミュージアムショップ:2~30分

キュビスム展の所要時間は混雑状況やどれくらい時間をかけて観るかによりますが、じっくりと観覧する人なら1時間~2時間は確保しておくと良いでしょう。

国立西洋美術館の企画展示室はそれほど広くないので、スペース的にはさらっと見る人なら30分程度で終わってしまう人もいるでしょう。

キュビスム展は約40人の作家による絵画、彫刻、素描、版画など約140点が展示されていて、展示数だけ見てもかなりボリュームがあります。

国立西洋美術館のミュージアムショップはそれほど広くないので、グッズも見たい方は上記にプラス2~30分は見ておくと良いでしょう。

国立西洋美術館では松方コレクションと称した常設展も行っていて、キュビスム展のチケットで常設展も観覧可能です。

国立西洋美術館は企画展だけでなく常設展も展示数が多くて評判が良いので、時間がある方はぜひ見ていくとよいでしょう。

常設展も観覧するならさらに1時間~1時間半程度余裕をもっておくと良いでしょう。

「キュビスム展」のグッズ

直近のスペインのイメージ展では限定グッズが少なくて展覧会カタログやはがき、Tシャツ、一筆箋、焼き菓子などがショップに並びましたが、過去にグッズの無い企画展もありました。

そのため、キュビスム展では図録の以外の企画展限定グッズはない可能性も考えられます。

ミュージアムショップは観覧券無しで自由に出入りが可能です。

目当てのグッズがある方は先にグッズを購入し、ロッカーに預けてからゆっくりと観覧しても良いでしょう。

ミュージアムショップでの支払いにはSuica電子マネー、クレジットカードが利用できます。

スポンサーリンク

国立西洋美術館の「キュビスム展」の開催場所・会期情報まとめ

会場 〒110-0007 東京都台東区上野公園7−7
国立西洋美術館 企画展示室
TEL 050-5541-8600
開催期間 2023年10月3日[火]~2024年1月28日[日]
開館時間 9:30~17:30
(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日(ただし、10月9日[月・祝]、1月8日[月・祝]は開館)、10月10日[火]、12月28日[木]~2024年1月1日[月・祝]、1月9日[火]
駐車場 なし
最寄り駅からのアクセス JR上野駅公園口出口から徒歩1分
ロッカー あり

国立西洋美術館で開催するキュビスム展は2023年10月3日[火]~2024年1月28日[日]までの約3か月です。

人気や注目度の高い展覧会なので、会期中は混雑が予想されますが、会期後半は特に混雑が予想されるのでできるだけ10月中の平日にお出かけするのがおすすめです。

専用の駐車場があるわけではありませんが「上野パーキングセンター」は観覧券の半券と駐車券を提示すると利用料から10%割引を受けられます。(その他、子育て支援パスポートのアプリまたはカードの提示で粉ミルク用のお湯を貰える他、30分のサービス券を貰えます。)

最寄駅はJR上野駅ですが、京成電鉄京成上野駅、東京メトロ銀座線と日比谷線上野駅からもそれぞれ徒歩で10分圏内で交通機関を使ったアクセスが良好です。

館内にはロッカーがあるので荷物を預けてゆっくりと観覧できますが、それほど数は多くないので人気の企画展ではロッカーを使えなかったという口コミも見かけました。

最寄り駅構内や公園内にもいくつかロッカーがあるので、土日や祝日など混雑が予想される日は予め別のロッカーを利用すると良いでしょう。

「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展—美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」の巡回予定

会期 開催地 開催場所
2023年10月3日(火)〜2024年1月28日(日) 東京 国立西洋美術館
2024年3月20日(水)〜7月7日(日) 京都 京都市京セラ美術館

キュビスム展は東京の後京都への巡回を予定しています。

50年ぶりということもあり巡回は嬉しいんですが、もう少し巡回先を増やしてくれると嬉しいですね。

ただ、それぞれ会期が3か月ほどありパリのポンピドゥーセンターからキュビスムの作品を借りたりしているので、京都以降の巡回はあまり期待できそうにありません。

遠方の方は都合を付けてい予定を組んだ方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

国立西洋美術館で開催の「キュビスム展」は撮影できる?

(撮影は非営利かつ私的利用の目的に限ります。一部エリアは撮影できません)。

引用:パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展—美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへHP

キュビスム展の公式ページを見ると、撮影OKな場所があるようです。

人気の展示で9月の時点でもTwitter上では人気・注目度が高くて、50年ぶりのキュビスム展ということもあり混雑が予想されます。

人が入らないように撮影するのはなかなか難しいとは思いますが、後で見返すこともできますし観覧の思い出になるので撮影も楽しみながらお出かけしてみてはどうでしょうか。

ゆっくりと観覧したい方にとっては撮影している方が気になってしまうと思うので、混雑予想を基にできるだけ人の少ない時間帯を狙って出かけてみてください。

国立西洋美術館で開催の「キュビスム展」は赤ちゃん連れもいける?

  • 授乳に使える専用スペースあり
  • 本館1F、新館地下1F、企画展示館地下2Fにおむつ替え台あり
  • 館内でのベビーカー利用可

館内でベビーカーの利用も可能ですが、混雑時は断られる可能性もあるので念のため抱っこ紐を持っていくと良いでしょう。

また、企画展は動線が階段で移動するようになっています。ベビーカーの場合はエレベーターを使えますが、順番通りに観るのが難しくなります。

館内に授乳室はありませんが、インフォメーションで声をかけるとベッドとソファがある救護室兼専用スペースに案内してくれます。

救護室も兼ねているので先に使用中の場合、使えない可能性があります。

スポンサーリンク

まとめ

  • おすすめは午前中
  • 金曜・土曜の16時以降
  • 週末なら土曜日がおすすめ
  • 12時~15時、土日祝日・連休は混雑予想
  • 会期後半や関連イベント開催日、テレビ露出後も混雑予想

ここでは国立西洋美術館で開催する「パリ ポンピドゥーセンター キュビスム展—美の革命 ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ」のチケットや混雑予想やおすすめの時間帯、所要時間、口コミ、グッズ、巡回情報、赤ちゃん連れの方に向けた情報などをまとました。

国立西洋美術館は金曜・土曜に限り20時まで開館しています。そのため、ゆっくりと観覧したい方には午前中か金曜・土曜の16時以降がおすすめです。

人混みを避けてゆっくりと観覧したい方は、ぜひ上記のポイントに注意してお出かけしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました