東京都美術館「モネ 印象派展2024」の混雑予想と所要時間

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

展覧会
スポンサーリンク

2024年1月27日(土)~ 4月7日(日)まで東京都美術館で開催する「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」の混雑が予想される日時は10時~15時、会期後半やイベント開催日おすすめの時間帯は平日の15時以降です。

特に、金曜は20時まで開館しているので、ゆっくりと観覧したい人におすすめです。

このページでは他に「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」の前売りチケットや音声ガイド、所要時間や口コミ、グッズ情報、赤ちゃん連れの方に向けた設備情報などをまとめました。

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展で東京都美術館へのお出かけを予定している方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

東京都美術館で開催する「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展での混雑予想は10時~15時!

混雑が予想される日時

  • 朝一番のチケット購入待ち
  • 会期の後半や最終日付近
  • テレビで取り上げられた後
  • 10時~15時
  • 土日祝日、連休

東京都美術館の印象派展2024で混雑が予想されるのは上記の日時です。

だいたいどの展覧会でも同じですが、会期後半は駆け込み需要が増えるので混雑します。その証拠に最終周の4月2日以降は平日でも日時予約が必要になっています。(当日空きがあれば入場可)

人気展だと平日でも入場待ちが起こるのでできるだけ前半~中盤がおすすめです。

また、会期の中盤~後半にかけてテレビなどに取り上げられることが多く、その後は混雑することが多いです。

「印象派展2024」や「モネからアメリカへ」+「日曜美術館」や「美の壺」などで検索してみて、お出かけ直前に放送されていた場合は翌週にずらした方が良いでしょう。

その他は講演会などの関連イベントが開催される日や、テレビに取り上げられた前後はどの展覧会も混みあう傾向があるので避けると良いでしょう。

スポンサーリンク

「印象派展2024」で行列や入場待ちが発生しにくい平日のおすすめ日時とポイント

  • 会期前半~中盤
  • 午前中なら事前にチケット購入して9時から並ぶ
  • 午後は15時以降
  • 悪天候の日
  • 金曜日の16時以降がイチオシ
  • 音声ガイドはアプリがおすすめ

平日に印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵展に行くならおすすめの日時は上記の通りです。

開館直後はチケット売り場が混雑することがあるので、午前中に行くなら事前にチケットを購入の上で9時頃から並ぶのがおすすめです。

雪や雨の日など悪天候の日は人出が悪くなるので、ゆっくり観たい方にはおすすめです。

また、金曜日は20時まで開館しています。時間が遅いほど来場者が減るので、混雑を避けてゆっくり観覧したい人は金曜の16時以降が最もおすすめです。

音声ガイドのレンタルも待ちになる場合があるので、音声ガイドを利用する場合、アプリ版があるならアプリ版の利用がおすすめです。

「印象派展2024」で行列や入場待ちが発生しにくい土日のおすすめ日時とポイント

  • 会期前半~中盤
  • 事前のチケット購入及び日時予約
  • 9時から並んで朝イチ
  • 午後は15時以降
  • 音声ガイドはアプリがおすすめ
  • 天気の悪い日

個人的には週末のモネ展は正直おすすめできません。ただ、どうしても週末しか時間を取れないのであれば、上記の日時やポイントを抑えて行くと良いでしょう。

土日・祝日は基本的に日時予約ですが、当日でも空きがあれば入場が可能です。

そのため「行ったのに入れない」ということを避けるためにも、日時予約は必須の条件と言えます。

人気の展覧会は朝からずっと行列が続くことも珍しくありませんが、一般的には12時頃から15時頃が混雑のピークになることが多いので、ゆっくり観たい方はこの時間帯を避けると良いでしょう。

また、土日は日時予約なのであまり意味がないかもしれませんが、悪天候の日は人の出が悪くなるので、日時予約せずに土日に観に行く方は悪天候の日がおすすめです。

スポンサーリンク

東京都美術館で開催する「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展の所要時間はどれくらい?

  • モネからアメリカへ:1時間~2時間
  • ミュージアムショップ:30分~40分

混雑状況やどの程度興味をもって観覧するかによりますが、1時間~2時間程度見ておくと良いでしょう。

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」の展示は70点、スペース的にはそれほど広くないので流して観るだけなら1時間もかかりません。

じっくりと観る人は2時間以上楽しめるでしょう。会期の前半は転売目的の来場も予想されるので、ミュージアムショップの混雑が予想されます。

ミュージアムショップにも30分程度は予定をたてておくと良いでしょう。

 

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展の前売り券と当日券のチケット・割引情報

  • 一般=2,200円(2,000円)
  • 大学・専門=1,300円(1,100円)
  • 65歳以上=1,500円(1,300円)
  • 早割ペアチケット=3,800円(2枚)
  • 「フェイラー」ハンカチ付チケット=5,000円
  • 音声ガイド付チケット=2,500円
  • 図録付チケット=4,800円
  • プレミアムナイト鑑賞券=6,000円(図録と学芸員によるレクチャー)

※価格は全て税込み
※()内は前売り料金で2023年11月1日(水)10:00~ 2024年1月26日(金)23:59までの販売
※高校生以下無料。
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで)は無料。
※高校生以下の方・身体障害者手帳等のお手帳をお持ちの方とその付添いの方(1名まで) は、日時指定予約は不要。ただし混雑時は待つ場合あり。
※高校生、大学生・専門学校生、65歳以上の方、各種お手帳をお持ちの方は、いずれも証明できるものの提示が必要。

チケットは公式サイト、日テレゼロチケ、ローチケ、アソビュー、イープラス、セブンチケット、楽天チケットで2023年11月1日(水)から購入可能です。

太字にしてあるスペシャルチケットは数量限定で、2023年11月1日(水)から購入が可能です。スペシャルチケットは全て平日限定なので注意しましょう。

特に「早割ペアチケット(日テレゼロチケとローソンチケットのみ取り扱い)」は2023年11月26日までと販売期間が短いので、早めにチェックしておきましょう。

プレミアムナイト鑑賞券は閉館後に学芸員のレクチャー(20分)を受けながらゆっくりと観られますが、観覧日時は2024年3月6日と3月13日の水曜日で、18:00~20:30まで(最終入室は20:00まで)なのでこちらも日時に注意が必要です。

また、土日・祝日及び2024年4月2日以降は日時予約が必要(当日空きがあれば入場可能)です。週末しか行けない方はこの点にも注意しましょう。(高校生など無料入場対象者は不要)

印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵展のチケットページ

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展を割引価格で観る方法はなし

東京都美術館では「ぐるっとパス」や「パートナーシップ」制度がありますが「モネからアメリカへ」は対象外でした。

もしかしたら今後新聞社や観光協会などが割引券を出す可能性はありますが、モネの展覧会はどこで開催しても毎回凄い人気で混みあいます。(少し前の上野の森美術館のモネ展も連日大盛況でした。)

「モネ展 連作の情景」の混雑状況と行列回避におすすめの時間帯!
2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)まで上野の森美術館で開催する「モネ展連作の情景」の混雑状況と穴場の時間帯をまとめました。おすすめの時間帯は朝一か金曜~日曜の閉館間際です。予めチケットを予約するか、早めに並んで当日券に挑戦してみてください。

わざわざ割引券を作らなくても十分な集客が見込めるので、恐らく割引などはないと予想しています。

そのため、現時点でモネ展を割引価格で観るには前売りの平日限定チケットしかありません。

スポンサーリンク

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展の音声ガイド

会場レンタル版=税込650円/台

音声ガイドはオフィシャルサポーターの鈴鹿央士(すずか おうじ)さんと、ナレーターは速水奨(はやみ しょう)さんです。

メインは速水さんで鈴鹿さんはスペシャルトラックとなっています。

値段から予想すると恐らく収録時間は約30分程度になるでしょう。

少し高いですが、ガイドがあると作品への理解度が高まりますし、展覧会をより楽しめるので余裕のある方は音声ガイドも購入してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、まだアプリ版の情報は出ていませんが購入するならアプリ版がおすすめです。アプリ版は制作会社にもよりますが配信期間中にいつでもどこでも・何度でも聞くことができるものもあるので、予習や復習にも使えます。

また、他の展覧会では端末を借りるのに列に並んで時間がかかったといった情報もあったので、スマホ操作に抵抗がなければできるだけアプリ版を利用しましょう。

東京都美術館「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展はいつからいつまで?会期や開催場所情報

会場 〒110-0007 東京都台東区上野公園8−36
東京都美術館 企画展示室
TEL 050-5541-8600
開催期間 2023年9月16日(土)〜12月10日(日)
開館時間 9時30分〜17時30分(入館は閉館30分前まで)
金曜日
9時30分〜20時00分(入館は閉館30分前まで)
*夜間開館の実施については変更があれば通知
休館日 月曜日、2月13日(火)
※ただし、2月12日(月・休)、3月11日(月)、3月25日(月)は開室
駐車場 なし
最寄り駅 JR上野駅「公園改札」より徒歩7
コインロッカー あり(100円返却式)

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展の会期は 2024年1月27日(土)~ 4月7日(日)までです。

東京都美術館では金曜のみ20:00まで開館しているので、平日しか行けない方には嬉しいですね。

また、少し高いですが閉館後に鑑賞できるプレミアムナイト鑑賞(税込み6,000円)券もあるので、平日しか予定が付かない人は検討してみてはどうでしょうか。

東京都美術館には専用や提携の駐車場はありません。周辺の有料駐車場を使うか、公共交通機関を使いましょう。

また、美術館にはロッカーがあるので必要最低限の荷物で観覧を楽しめます。ロッカーに入りきらない大型荷物は会場入り口で預かってくれます。

スポンサーリンク

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展の巡回情報

巡回期間 開催地 美術館名
2024年4月20日(土)~ 6月23日(日) 福島 郡山市立美術館
2024年7月6日(土)~2024年9月29日(日) 東京(八王子) 東京富士美術館
2024年10月12日(土)~2025年1月5日(日) 大阪 あべのハルカス美術館

「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」の巡回情報は上記の通りです。

東京で開催した後に福島で2か月、その後八王子にて約3か月、大阪にて約3か月開催を予定しています。

八王子でも開催するので、関東の方はけっこうチャンスがありますね。

また、開催場所によってチケットの値段が変わることもあるのでその辺りも気になるところです。

東京都美術館で開催の「印象派展2024」のグッズ・物販情報

まだ公式サイトでのグッズ情報は少ないんですが、ハンカチ、サブレ缶、猿田彦珈琲のドリップバッグ、ウスターソースなどがありました。

これからどんどんとグッズが発表されると思いますが、定番のものだとトートバッグ、クリアファイル、ノート、カレンダー、アクスタあたりですかね。最近はけっこう靴下なんかもグッズ化されることが多いですね。

ショップでの支払いは現金、各種クレジットカード(前売鑑賞券等の一部商品を除く)が利用可能です。

ミュージアムショップは入館料なしで入ることができる(印象派展2024のグッズ売り場は展示の最後にあります)ので、目当てのグッズがある方は先にグッズを購入してロッカーに預けてからゆっくり鑑賞するのも良いでしょう。

また、人気の展覧会だとショップもかなり混雑しますが、東京都美術館のミュージアムショップはレジの数も多くて、割と回転が速いのであきらめずに並ぶことをおすすめします。

スポンサーリンク

東京都美術館で開催の「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展は撮影できる?

東京都美術館では展覧会によって撮影可否が分かれます。

最近の傾向として撮影可能にしてSNSでの拡散による集客も見込むことが多いので、恐らく一部撮影可能になると予想しています。

最近、東京都美術館行われた「ローマ展」では2作品(どちらも複製)のみ撮影が可能でした。

tobikan-rome2023

上野の森美術館で開催した「モネ 連作の情景」展では後半にある作品が撮影可能だったようです。

「モネ展 連作の情景」の混雑状況と行列回避におすすめの時間帯!
2023年10月20日(金)~2024年1月28日(日)まで上野の森美術館で開催する「モネ展連作の情景」の混雑状況と穴場の時間帯をまとめました。おすすめの時間帯は朝一か金曜~日曜の閉館間際です。予めチケットを予約するか、早めに並んで当日券に挑戦してみてください。

東京都美術館で開催の「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」展は赤ちゃん連れもいける?

  • 個室スペースのある授乳室あり(お湯・おむつ替え台もあり)
  • だれでもトイレ(多目的トイレ)におむつ替え台あり
  • 貸し出し用ベビーカーあり
  • 事前予約制の託児サービスの日「パパママデー」あり

東京都美術館には上記のような設備・サービスがあるので赤ちゃん連れでも楽しめます。

お湯の準備まであるのは助かりますね。授乳室利用の際はインフォメーションにて声掛けが必要です。

また、実施日が限られたり事前予約などの条件はありますが、託児サービスもあります。お子さんを預けてたまには夫婦でゆっくり鑑賞もできちゃいます。

館内にはレストラン・カフェが3つ入っているので観覧前後のランチやディナーも済ませられます。

スポンサーリンク

まとめ

  • チケットを事前購入して開館前から並ぶ
  • 15時以降がおすすめ
  • 平日のイチオシは金曜の16時以降
  • 土日のイチオシは15時以降か9時から並んで朝イチから
  • 会期後半やテレビ放送後、12~15時は混雑予想

このページでは他に「印象派 モネからアメリカへ ウスター美術館所蔵」の前売りチケットや音声ガイド、所要時間や口コミ、グッズ情報、赤ちゃん連れの方に向けた設備情報などをまとめました。

印象派展2024では作品数が70点ということもあり、所要時間は1~2時間程度、グッズも見るなら30分程度は予定をたてておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました